SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

ルビー・ディ

今日のブラックムービーの偉人さん4人目は、今また再注目を集めている女優ルビー・ディさん。
なぜ注目を集めているかというと、もうすぐ開催のアカデミー賞助演女優賞にノミネートされているからです。

ルビー・ディには歴史があります。
1924年オハイオ州で生まれていますが、育ちはニューヨークのハーレム。1939年には14歳にして映画に出演。その後1945年にハンター大学を卒業し、本格的に演劇の道へ。舞台で認められた後に、1950年に出演した「The Jackie Robinson Story / ジャッキー・ロビンソン物語 (1950)」にて主役のジャッキー・ロビンソンの妻を演じて有名になった。同じ年に「No Way Out」で後に夫となるオシー・デイビスと知り合う。「セントルイス・ブルース」や「Take a Giant Step」などの有名な映画にも出演、その後舞台が映画化された「A Raisin in the Sun」でシドニー・ポワチエの妻を演じて、人気を不動のものとした。ルビーといえば、この映画での役と言ったほど、彼女を象徴する役となった。残念ながらアカデミー賞には無視されましたが、「National Board of Review」では女優賞を受賞してます。
その後、80年代に入りスパイク・リーが登場すると「Do the Right Thing / ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)」に出演し、若者にもその功績が知られる事になった。

ま、ざっと書いてみました。ルビー・ディと言えば、やはり夫のオシー・デイビス。2人で作った「Purlie Victorious / 日本未公開 (1963)」では、南部での差別に討議する力強い作品でした。またエンターテイメントの世界のみならず、2人で公民権運動にも力を注ぎました。その功績が称えられてケネディセンター賞をオシーと共に受賞しています。

また「Beat Street / ビート・ストリート (1984)」の主演のガイ・デイビスの母親でもあります。

さて、アカデミー賞で念願の受賞となりますか... 私としては、今までの分取って貰いたいです。