SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Brother To Brother / 日本未公開 (2004) 76本目

はてな年間100本映画クラブ

この映画を知らずに見てなかったら、知らなかった事が沢山だった。ラングストン・ヒューズの詩が大好きで、詩集も何冊かあるんだけど、知らなかった。私の持っている本の「あとがき」にも、全く触れてないですから... 急いで読み直しちゃいましたが、ある1つの詩以外は、前と同じ印象です。てっきり「好き」は、Brotherly(兄弟のような)「好き」だと思ってました。
「Fire」という雑誌も、実際に存在するんですね。第1巻のみのようだけど。
ゾラ・二ール・ハーストンを演じた、アンジャンヌ・エリスがハーストンのイメージそのものだった。
彼等の性(性的アイデンティティ)が、ハーレム・ルネッサンスにどう影響したのか、とっても面白かったです。ハーレム・ルネッサンスを普通に学校とかで勉強しても教えてくれない事でしょう。
微妙に事実とは違う部分もあるけれど、実際に存在した人や歴史を、物語に上手く組み込ませてると思いました。監督の経験なども、物語を助けてると思う。
けれど、それが余計にフィクションと現実を、混乱させてしまうのかもしれないけれど、見た後には誰もが検索君になると思います。色々とネットでも知る事が出来ます。
実際にこの監督は、ハーレム・ルネッサンスやそれらの人物を2年もかけて、研究したそうです。でも、その2年間は監督の観点での作品なので、私達も自分たちの観点で作品を見た方がいいと思います。でも作品的には、監督の意見を押し付けじゃないので、面白かったです。

(4.5点/5点満点中:DVDにて観賞)