SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Little Woods / ヘヴィ・ドライヴ (2018) 1778本目

オーリーの強さが気の毒である『ヘヴィ・ドライヴ』

新型コロナウイルスのせいで待機作品が増えておりますが... 中でも楽しみなのが、『Candyman / キャンディマン (1992)』のリメイク作品『Candyman / 日本未公開 (2020)』!! 最近では、仕方なく配信が増えておりますが、監督であるニア・ダカコスタが、頑なに「この作品は劇場公開用として製作したので、劇場公開にしたい」と語っている。そのダカコスタ監督の長編デビュー作がこちら。という訳で、『キャンディマン』が無事に劇場公開される前に予習復習という感じです。NY大の映画科を卒業し、TVなどで仕事をした後、この作品の脚本がサンダンスのラボに選ばれ、ショート映画となり、クラウドファンディングキックスターターで資金を集めて長編映画となった所謂インディペンデント映画。だけど、インディながらもう人気も実力もあるテッサ・トンプソンとリリー・ジェームスが主役という豪華さもある作品。そのお陰か、映画祭で上映された後すぐに配給会社が決まっている。

オーリー(テッサ・トンプソン)は、違法でカナダ国境を越えてしまい、今は保護観察の身であったが、あと8日でそれも終わる予定だ。今は、働く人たちのお弁当売りなどをして何とか食いつないでいた。保護観察が終わった後は、別の街で仕事をしようと面接の約束も取り付けた。しかし、シングルマザーである姉妹のデブ(リリー・ジェームス)がまた妊娠してしまい、オーリーに助けを求めてきた。お金が必要になったオーリーは、昔やっていた処方薬を違法で売る商売にまた手を出してしまう。

血を分けた兄弟姉妹とか言いますけれど... これはオーリーがとても気の毒だった。オーリーの姉妹であるデブは、すでにシングルマザーで大変なのに、何してくれているのとしか思えなかった。デブが男からどんな仕打ちを受けても正直気の毒に感じなかった。オーリーだけが貧乏くじひいているし、そのせいでオーリーは強くなっている。責任感を一人で背負い込んでいる。血を分けたら、そこまでしなきゃいけないのか? だからラストシーンには随分と救われた。そうじゃなくっちゃ。

(3.75点:10/29/20:1778本目)
www.blackmovie-jp.com