SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Pass Over / パス・オーバー (2018) 1777本目

彼らの「約束の地」とは?『パス・オーバー』

最近、スパイク・リーが意欲的にやっているなーと思うのが、舞台の映画化。うん? 舞台の映画化というか、舞台の映像化と書いた方がいいかな。舞台を映像として残す形。前は、ロジャー・グーンヴァー・スミスの一人芝居『A Huey P. Newton Story / A Huey P. Newton Story (2001)』と『
Rodney King / ロドニー・キング (2017)』などがあり、最近は本作や『Passing Strange / 日本未公開 (2009)』、去年にも『American Utopia / 日本未公開 (2020)』を撮っている。長編ドラマ作品を撮っている監督にこれだけの経歴があれば「意欲的」と書いていいと思うんですよね。『アメリカン・ユートピア』を観ても、スパイクがやる意義みたいのがちゃんとあるなーと感じる。アントワネット・ヌワンドゥの戯曲をダンヤ・テイモーが演出した舞台を、ダンヤ・テイモーと共に共同監督している。

モーゼス(ジョン・マイケル・ヒル)とキッチ(ジュリアン・パーカー)は路上で着の身着のまま生活しており、何気ない会話をして、2人に奇跡が訪れることを待ち望んでいたが...

2人の何気ない会話が、徐々にリアリティを帯びてくる。彼らの話す「約束の地」。約束の地と言えば、キング牧師の最後となったスピーチを思い出す。キング牧師は一緒に辿りつけることは出来ないかもしれないけれど、我々(アフリカ系アメリカ人)が辿りつけるであろう安心して暮らせる場所があると語っていた。そんな2人が生活する路地も「キング牧師通り&東64番通り」で、シカゴの「Oブロック」と呼ばれる危険な所である。キング牧師通りは、全米各地に無数にあるが、そこは多くのアフリカ系アメリカ人の居住区となっており、アフリカ系アメリカ人以外は避ける場所でもある。そこに閉じ込められているということを、その標識は語っている。死まで考えた2人を脅かすのは、警官と銃声。「イナゴのように人生を食う悪疫か? 俺たちを殺さないでくれ」。そんな言葉が心に残る。彼らの約束の地とは、ただ安心感に包まれて暮らせる場所であり、そうしたいだけなのだ。

(5点満点:10/28/20:1777本目)
www.blackmovie-jp.com