SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

21 Bridges / 日本未公開 (2019) 1732本目

チャドウィック・ボーズマンらしいアクション映画『21 Bridges』

チャドウィック・ボーズマン。私にとって、もうボーズマン=ブラックパンサーであって、『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』とは切っても切れない。この先、もし『ブラックパンサー』が他の役者でリメイクされることになって、その新しい役者がどんなにピッタリで素敵で男前(その頃は美人の時代かもしれないね)であったとしても、やっぱりボーズマンへの気持ちは変わらない。私にとって永遠にブラックパンサー、それがチャドウィック・ボーズマン。という訳で、ワカンダ市民(自称)の私としては、チャド陛下には覚悟を決めて忠誠心を誓っています。そんな訳で、陛下の新作を観てきました。陛下も出演している『アベンジャーズ』シリーズの監督担当アンソニーとジョーのルッソ兄弟が制作。陛下も主演だけでなく制作も担当。イドリス・エルバ主演の『Luther / 刑事ジョン・ルーサー (2010-2015)』などのTVドラマの演出担当ブライアン・カークの映画長編監督デビュー作。

警察官のお葬式。牧師がスピーチする中、小さな男の子が泣いている。故人の息子アンドレだった。その19年後、ニューヨークのワインバーに2人組の強盗が入った。マイケル(ステファン・ジェームズ)とレイ(テイラー・キッチュ)の2人は元軍人で、そこにコカインがあることを知っていたが、予想以上の量だった。そして、なぜかすぐにパトロール中の警官たちがやってきて、彼らは撃ち合いになる。その末、マイケルとレイは警察官殺しの罪で追われることになった。その捜査を担当することになったのがアンドレチャドウィック・ボーズマン)だった。優秀だった父の影で、自分の能力を証明しようと躍起になっている。アンドレのパートナーに選ばれたのが、麻薬捜査官のフランキー(シエナ・ミラー)。署長(J・K・シモンズ)と衝突しながらも、警察官殺しの2人組を追っていくアンドレだったが...

前に陛下が出演&制作したアクション映画『Message from the King / キングのメッセージ (2016)』が大好きなので、今回もアクション作品ということで楽しみにしてました!『キングのメッセージ』は、今どきにしては渋いアクション作品で、接近戦とか面白かったし、物語も面白く、何と言ってもラストがスッキリする最高の作品でした。今回も、やっぱり渋い。チャド陛下は渋いアクション映画が好きなんだなーと思いました。『キングの』では、ガンアクションというより、素手対決の接近戦が多かったように記憶しているんですが、今回はガンアクションが主。その分、走るシーンが多い。チャドウィック・ボーズマンとステファン・ジェームズがニューヨークの街を颯爽と走るシーンが良いですね。最近、あんまりニューヨークが舞台の映画って少ないので、久々にニューヨークの高層ビルとか密集している感じとかが、十分に楽しめた感じです。地下鉄に乗るのか乗らないのか?あのシーンは最高にワクワクします!あとセリフが良い。終盤でのチャド陛下と鬼教官(シモンズ)の会話は痺れた。そしてステファン・ジェームズが好演。この人の切ない顔はたまらない。相棒テイラー・キッチュとの関係性も良い。こういう作品では、彼ら2人の好演が鍵ですよね。あと悪役。でも、その悪役がすぐに分かっちゃったかな?と。

チャドウィック・ボーズマン作品らしく、エンディングが上手い。終わりよければすべて良し。エンディングがスッキリ、そしてカッコいい作品が好きな私にはたまらない最後でした。そして、やっぱり『Black Panther II / ブラックパンサー2 (2022)』待ち切れなさ過ぎる!

(3.75点:1732本目)