SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

蘇る名作アラバマ物語...しかし悲劇を生んだ『Marshall』

何度も書いてますし、何回でも書きますが、『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』が楽しみ過ぎで、ヴィジュアル解禁だの、ポスター解禁だの、予告編が解禁だの...色々ある度に楽しみ度ポイントが1億点レベルで足されているので、総合ポイントは恐らく今は天文学的で人が数えられる数を超えてしまったと思う。そのブラックパンサー事、ティチャラ様を演じているチャドウィック・ボーズマン様の映画は全て観る事に決めている。というか、サーグッド・マーシャルの映画を私は見逃す事は出来ない。アフリカ系アメリカ人初のアメリ最高裁判所判事にまで上り詰め、公民権運動を支えた人物。そのサーグッド・マーシャルがNAACP(全米有色人種向上協会)の弁護士をしていた若い頃を描いた作品。『Django Unchained / ジャンゴ 繋がれざる者 (2012)』の制作などはしていたけれど、監督としてはお久しぶりなレジナルド・ハドリン監督作!

1941年、サーグッド・マーシャル(チャドウィック・ボーズマン)は、たった一人でNAACPの抱える裁判を担当していた。遡る事1年前の1640年12月、コネチカット州に住む白人の主婦エレノア・スタルーヴィン(ケイト・ハドソン)が彼女の家で働いている黒人運転手ジョセフ・スペル(スターリング・K・ブラウン)にレイプされたと証言し、裁判が行われる予定だった。そこでNAACPは、マーシャルを支える地元の若い弁護士サム・フリードマンジョシュ・ギャッド)を雇い入れた。2人は証拠集めをしていくが...

これね、面白い事に当時のサーグッド・マーシャルを知る人たち側とサム・フリードマンを知る人たち側では、映画に対する評価や演じた役者への評価までもが、真っ二つに分裂している。監督のレジナルド・ハドリンには運悪く?、そのフリードマン側の子孫に映画批評家になっていた人が居た。昔はハリウッド・リポーターで評論を書いていた権力者の一人ロジャー・フリードマンがその人。彼が今書いているサイトでこの映画をけちょんけちょんにしている。チャドウィック・ボーズマンのサーグッド・マーシャル役まで、ミスキャストだと書いている。ところが、サーグッド・マーシャルを良く知る人たちは「本物のサーグッド・マーシャルはこの映画で描かれた通り!」と絶賛している。

という事は、私たち...マーシャルもフリードマンにも会った事もない人たちは、マーシャルの描写は正確なんだろうけど、フリードマンは違うんだろうなーと思いながら観るしかない。私が感じたのは、現代版『アラバマ物語』だなという事。重厚感あるオーソドックスな法廷ドラマが続く。確かに史実通りではないかもしれないけれど、そうしてしまうと、観客が中々歴史背景を感じられない部分もあったりするのも確かではある。だがしかし、家族にしたら全く違う風に描写されていたら、それはショックで怒るのも当然。フリードマンの家族の悲劇は、この映画がマーシャルの映画でフリードマンの映画ではなかった事だろう。監督はマーシャルを描きたかった。サーグッド・マーシャルがどのように裁判で戦っていって、そこにはどんな困難や苦悩があるかという事を今の観客に示していきたかった。とはいえ、私自身は史実を捻じ曲げて描く事は好きではない。フリードマン本来の姿を描き、そのうえでマーシャルを描く事も全然出来た筈である。でも、フリードマンが夜の突然の来客者に怯え、包丁を手にしたけれど...その時の彼の奥様のナイスアシストのシーンとか良かったと思う。ここは完全に脚色した部分なのは分かるけれど、2人の関係性を上手くそれだけで描いていた。

とはいえ、裁判は本当ですよ。裁判の結果も描かれた通り!ロジャー・フリードマンは、大叔父サムはあんなにビクついていないし、弁護士のキャリアもサーグッドよりも先に初めて経験値は上だったし、襲われた事もない!という感じで怒っております。

実は、この映画で現ブラックパンサーと旧ブラックパンサーの共演が実現している。レジナルド・ハドリン、10年前くらいにはBETで『ブラックパンサー』のアニメも制作。けれど、そのアニメは今の『ブラックパンサー』の熱気が信じられない位に失敗したんだよね。あの時の事はよーーーく覚えている。当時、ブラック・パンサーに一番近い男と言われていたジャイモン・ハーンスゥが声を担当して、そこそこ話題にはなったんだけど、そこそこ止まり。ジャイモン・ハーンスゥのキャスティング以外は、いまいち観客からの支持を受けられなかった。共通点と言えば、サーグッド・マーシャルとチャドウィック・ボーズマンは同じハワード大学卒業。なのでこの映画プレミアも大々的にハワード大にて行われた。

フリードマン家も悲劇ですが...この映画が興行成績悪くて、せっかくのサーグッド・マーシャルの勇姿があまり沢山の人に見て貰えていない事も悲劇。ロジャー・フリードマン以外の批評家からもそこそこ高評価だし、私も高評価。残念!!!

Marshall / マーシャル 法廷を変えた男 (2017)(4.75点:1604本目)