SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

また『ブラック・パンサー』の期待値が恐ろしい程上昇する渋く上手い『キングのメッセージ』

チャドウィック・ボーズマンの最新作については、んもう待ちきれない『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』の前哨戦として、むさぼり読むならぬむさぼり観て可愛がる事にもう決めている。去年のトロント国際映画祭で公開し、Netflixが配給権獲得した作品。ボーズマンの制作者の一人として、主演というだけでなくこの作品に関わっている。それゆえに、ボーズマンは私のこのんもう待ちきれない思いを理解してくれているのだと、この映画で確信した!信用できるティチャラ様!!!

南アフリカに居たジェイコブ(チャドウィック・ボーズマン)の元に妹のビアンカ(Sibongile Mlambo)から電話があった。どうやらトラブルに巻き込まれているらしい。兄ジェイコブは、たった600ドル(約6万円)ほどの現金を手に、妹が住んでいるアメリカのロサンジェルスに到着した。しかしたった手元600ドルしか持たず、クレジットカードも所持しておらず、しかもホテルを取っていなかったジェイコブは、たった1週間の滞在予定と言えども、移民局で足止め。何とか解放してもらい、バスを乗り継いで向かった先で安モーテルを取る。モーテルには訳ありそうな母(テレサ・パーマー)と娘が隣に居た。早速、妹の住所に行くが返答はない。偶然帰ってきた隣人(ナタリー・マルティネス)に話を聞くと、妹の手荷物を預かっているという。手がかりはその荷物だけ。その中に韓国マーケットの袋を見つけ、話を聞きに行くと店員は「遺体安置所にいけ!」という言うばかり。仕方なく向かうと...

と、チャドウィック・ボーズマンがまたもやアフリカ訛りの英語でアクション頑張っているパターン!ティチャラ様が現代に舞い降りて...って感じもしなくもない。でも映画自体は、派手じゃなくてたまにある渋いほうのブラックスプロイテーション!って感じがした。ま、ボーズマンのアフリカ訛りもあって、ケン・ガンプが出ていた『Death Of A Snowman / 日本未公開 (1978)』ぽい!武器も渋いよね。それを持ったこのポスター、とても好きです。そしてロサンジェルスが舞台なので...っていうのも話や役柄に効いていて、面白い。「誰もがこの地(LA)で何かを探している」っていうセリフね。確かにその通りなんだけど、ボーズマン演じるジェイコブにとっては本当に文字通り妹を探しているだけで、成功との富じゃないっていうね。この映画本当に渋いというか、ハードボイルド。ルーク・エヴァンスのインテリ悪なんだけど、結局が銭ゲバっていうのも良いね。

でも一番良いのは、ラストシーン!これは素晴らしい。「ほっ、なるほど!!!あ、だから!」と上手くやられましたわ。最後のボーズマンの光を沢山浴びたアップも最高でした。ボーズマンは制作者としてもいい作品作るようになったなーと。もうね、んもう待ちきれない『ブラック・パンサー』への期待が、また10億点位アップしました!多分、公開前にはその期待度の合計点が人間が数えられる数をとっくに超えてしまいそうです。それでも絶対に期待値を上回ってくる気しかしない!!!ティチャラ様ーーーーー!!!!!

Message from the King / キングのメッセージ (2016)(4点:1581本目)