SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Luce / 日本未公開 (2019) 1730本目

大人好みな屈折した高校物語『Luce』

今年、一体何回ケルヴィン・ハリソン・ジュニアと書いただろうか?というくらい、今年は沢山の映画に出演していたケルヴィン・ハリソン・ジュニア。一番印象に残っているのが『Monsters and Men / 日本未公開 (2018)』の高校生役。主役3人のうちの1人。その前にも、『12 Years a Slave / それでも夜は明ける (2013)』や『The Birth of a Nation / バース・オブ・ネイション (2016)』にも出演していたらしいけれど印象は残っていない。『Mudbound / マッドバウンド 哀しき友情 (2017)』は、言われてみれば嗚呼!って感じで覚えている。とにかく、今年に入ってからやたらと名前を聞く若手俳優の1人だ。そして、今後も注目作への出演が続いている要注目俳優だ!そんなケルヴィン・ハリソン・ジュニアが主役のドラマ作品。オクタヴィア・スペンサーナオミ・ワッツティム・ロスという実力派ベテランたちが共演。監督は、『The Cloverfield Paradox / クローバーフィールド・パラドックス (2018)』のジュリアス・オナー。

高校生のリュース(ケルヴィン・ハリソン・ジュニア)は、学校のロッカーに何かを置いてから、講堂で学生や先生や親たちの前でスピーチをしていた。リュースのスピーチは大絶賛されたが、ウィルソン先生(オクタヴィア・スペンサー)だけは不満そうだった。帰り道で、そんなウィルソン先生の不満を両親(ナオミ・ワッツティム・ロス)にぶちまけるリュース。リュースは故郷エリトリアの戦争孤児で、今の両親の養子になったのだ。成績優秀、陸上選手としても有望なリュースに育ての親の2人は満足していた。そして、後日ウィルソン先生から呼び出されるリュース。2人の関係が、育ての母を翻弄していく...

これ観ていたら、オクタヴィア・スペンサー主演の『Ma』っていう作品を思い出して、背筋が凍った。今年に関しては、この作品と『Ma』のせいで、高校生が関わってはいけない人物ナンバーワンがオクタヴィア・スペンサー。高校生にとっての要注意人物。オクタヴィア・スペンサーって普通のオバサンぽく見えるけれど、こういうキモいというか危険人物演じるのが意外と上手いよね。とはいえ、この映画は『Ma』と違ってホラー映画ではありません。普通のドラマ作品です。とはいえ(2度目)、監督のジュリアス・オナーはホラー映画を沢山撮っているので、こんな感じでホラーぽくなったのかも。なんというかスリラー調というか、謎が多いまま物語が進んでいく。観客はナオミ・ワッツ演じる育ての母と共に、その謎を少しずつ解明していく。人は、肩書とかで簡単に人を信用してしまうことがあって、その恐ろしさみたいのが垣間見られる。かなり屈折したドラマ。

中々一筋縄ではいかない物語が、玄人好みの演技で語られていく。

(4点:1730本目)
www.blackmovie-jp.com