SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Monsters and Men / 日本未公開 (2018) 1671本目

注目若手俳優3人の好演と新進監督の好采配『Monsters and Men』

前にも書いたし、ツイッターにも書いたのですが、デンゼル・ワシントンの息子ジョン・デイヴィッド・ワシントンには注目している。今年一番推しな若手。デンゼル様の息子というのを抜きにしても、いい感じの主演男優が出てきたなという印象。そして、これもツイッターに書いたけれど、アンソニー・ラモスにも注目している。プエルトリコ系の俳優で、舞台『ハミルトン』で注目され、スパイク・リー監督のネトフリシリーズ『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』で、かつて映画版でスパイク・リーが演じたマーズを演じた俳優。彼も今凄く注目を集めていて、彼ありきのウィスキーCMにも登場している。そしてケルヴィン・ハリソン・ジュニア。彼はこの映画を機に出てくる俳優だと思う。『The Birth of a Nation / バース・オブ・ネイション (2016)』や『Mudbound / マッドバウンド 哀しき友情 (2017)』等にも出演し、これから注目作品への出演が沢山決まっている俳優です。そして最後になったけれど、監督レイナルド・マーカス・グリーンの初長編映画となるのがこの作品。サンダンス映画祭に出展し、審査員特別賞を受賞した作品。

ニューヨークの街角で運転していたデニス(ジョン・デイヴッド・ワシントン)。車内からはラップが流れていたが、局を変えたら、アル・グリーンの「レッツ・ステイ・トゥギャザー」が流れ、ノリノリでハモるデニス。しかし、その後、警察に車を止められた。自分も警官なのに... バッジを見せてすぐに開放された。大きなため息をつくデニス。別の一角でマニー(アンソニー・ラモス)は仕事の面接を受けていた。帰ってきて着替え、店先で仲間たちとダイスをしていたら、パトカーの音がした。逃げながら目にしたのが、いつも挨拶するDという男が、警官たちから羽交い絞めされていた。急いで携帯で録画するマニー。そしてその近所に住んでいたのが、メジャーリーグ有望選手で高校生のジーリック(ケルヴィン・ハリソン・ジュニア)。3人はこの事件に絡んでいくが...

という訳で、完全にエリック・ガーナー殺人事件ですね。ニューヨークの街角の店先で違法タバコを売っていた所、警官たちに羽交い絞めで窒息させられて殺されてしまった事件。この事件を元に描いていると凄く感じた。でも人が3人集まれば、それぞれの物語が生まれてくるのは当然のこと。それを見事に描いている。そしてそれぞれ違う立場の苦悩が描かれているのも良い。でも3人に感じるのは別の種類だけど「プレッシャー」というモンスター。

3人の主演も素晴らしく。そりゃ、これからどんどん来るよね!と感じました。そしてこの映画を観て思い出したのが、全然違うテーマなんだけど、やはりニューヨークが舞台の『Gun Hill Road / 日本未公開 (2011)』という作品。うん?監督2人ともにグリーンだぞ!と思ったら兄弟!やっぱり。本当に全く違うテーマでして、あちらはトランスジェンダーティーンが主人公。だけど、背景というか舞台のニューヨークの街角に同じ匂いというか雰囲気を感じたんですよね。ニューヨークなんて広いし、それこそ色んな監督が撮っている場所なのに、この兄弟には似たものを感じました。観た後に調べて驚いた。

そして、今のアメリカ問題には欠かせないのが、「ブラック・ライヴス・マター」。『The Hate U Give / 日本未公開 (2018)』と同じですね。今必要な映画。今こそ観るべき映画。

www.blackmovie-jp.com
(4.5点:DVDにて鑑賞)