SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Uncle Drew / アンクル・ドリュー (2018) 1649本目

NBAの仲間意識を感じたが疎外感は感じない『アンクル・ドリュー』

カイリー・アーヴィング。NBA界のスーパースター!!!と言っても、正直NBAを余り知らない人は彼の事は知らないんじゃないかというのは、私も理解している。凄い選手なのですよ。NBAを余り知らない人でも、レブロン・ジェームスやコービー・ブライアント位までは知られている筈。そしてNBAを全く知らない人でもマイケル・ジョーダンは知っている事と思う。カイリーはまだそこまでではないのは承知。レブロン・ジェームスの元同僚。同じチームのクリーブランド・キャバリアーズに所属し、チーム優勝に貢献した一人。現在は歴史あるボストン・セルティックス所属。ドラフト1位(これって超凄い事なんです!)。そんなカイリー・アーヴィングが出演していたペプシのコマーシャルでアーヴィングが扮したのがバスケが超上手い老人「アンクル・ドリュー」。そのキャラクターを映画化したコメディ作品。『Get Out / ゲット・アウト (2017)』で有名になったリルレル・ハウリーが出演。他の元NBAWNBA選手もわんさか出演。

ESPNの人気映画シリーズ『30 for 30』でニューヨークの有名なストリートバスケの聖地ラッカーパークについて放送していた。その中心にいた伝説的な選手がアンクル・ドリュー(カイリー・アーヴィング)。ディケンべ・ムトンボ等がドリューの伝説を語っているが、アンクル・ドリューは突如として消えてしまったいう。そして、今年もラッカーパークのストリートバスケのトーナメントの時期になった。ダックス(リルレル・ハウリー)はコーチとして優勝を目指していたが、ライバルのムーキー(ニック・クロール)にいつも邪魔され負けてしまう。今年は恋人ジェス(ティファニー・ハディッシュ)やチームまで奪われた。落ち込むダックスの目の前で凄いプレーを連発する老人が現れた!半信半疑だったが、その老人がアンクル・ドリューだった。ダックスはアンクル・ドリューに頼み込み、チームの一員になって貰おうとした。アンクル・ドリューは、「俺が選んだ選手のチームならば」と承諾する。アンクル・ドリューが選んだチームとは、彼とかつて一緒にプレーしていたお爺ちゃん選手だった...

分かっている。NBA映画ってどうも内輪受け映画になりがち。NBAを知らないと笑えないジョーク連発されるし、選手の詳細を知っていないと笑えない映画が少なくない。今回は、意外とそれがない。正直、上で書いたカイリー・アーヴィングがアンクル・ドリューになった経緯なんて知らなくても笑えるし、何ならカイリー・アーヴィング知らなくてもオッケー!『Drumline / ドラムライン (2002)』のチャールズ・ストーン3世監督らしくテンポ良くぽん、ぽーん、ぽーーーんと進むので笑える。ちなみにチームメイトとなるお爺ちゃん軍団には、元LAレイカーズで元『Steel / スティール (1997)』のハンマー野郎シャキール・オニールはもう説明不要の巨人、元ワシントン・ウィザーズのクリス・ウェバーは大学バスケの申し子(色々スキャンダルありますが...)、元インディアナ・ペイサーズレジー・ミラーは3ポイントの達人でスパイク・リーの喧嘩相手、元NYニックスのネイト・ロビンソン175㎝と小さいながらスラムダンクコンテスト3勝!と、個性派軍団。なのだけど、何度も書くけど、そんな知識要らない映画。ただ一つ、知っていると笑えるジョークがあったけれど、クリス・ウェバーの超ーーーーーーーーーーマニアックなネタ(大学時代のタイムアウト・ミスで優勝逃したヤツ)で、アメリカ人でも知っている人少ないわ!と思いました。唯一ある内輪ネタが超難しいって... シャックのフリースローネタとかの方がまだ知っている人は多い。そしてクリス・ウェバーの奥さん役で出ていたのがWNBAのリサ・レスリー!モデルとしても活躍したスレンダー美人。WNBA発足の頃を支えたスター選手です。

まあ何が可笑しいって、カイリー以外は本物の...御爺さんとまではまだいかないけれど、オジサン元選手。まだまだ体動きますねー。そして意外とクリス・ウェバーが演技上手くて笑った。一番楽しそうだったー。カイリーも演技も上手いし、歌は上手いし、バスケはもちろんだし、何か下手なのあるんだろうか?何だかんだとNBA映画は、毎回スター選手をわんさかと出演させて、気前が良い。それぞれチームや年齢もキャリアも違うけど、縦も横も風通しが良い感じのNBA仲間意識を感じる。NBA選手同士って老若男女で仲が良い!そして、アンクル・ドリューが主役なんだけど、ストーリーの要となるキャラクターをリルレル・ハウリーにやらせたのも良かった。そのリルレル・ハウリーの昔からの仲間で同時期にブレイクしているティファニー・ハディッシュがサポート役。キャスティングが上手くハマった。

っていうかさ、もう早くNBA始まってくれ!本物のプレーが見たい。(って、これアップする事には開幕しているでしょう...と思ったら開幕に間に合った!来週からNBA開幕だよ。)

Uncle Drew / アンクル・ドリュー (2018)(3.75点:1649本目)