SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Amateur / アマチュア (2018) (VOD)

高校バスケも辛いよ『アマチュア

https://cdn-ak.d.st-hatena.com/diary/blackmovie/2018-05-14.jpg
さ、NBAレイオフも開幕しました。ボストンvsミルウォーキーの第1戦をはじめ、いきなり面白い試合が多いですね。ウエストカンファレンスなんて、最後の試合までどのチームがプレイオフ進出か分からないほど、今年のNBAは割りと拮抗していて面白いですよ。という事で、この映画の主人公はいずれNBAに進むかもしれない?高校生バスケットボール選手の物語。制作者には、現役NBA選手でプレイオフにも出たトニー・パーカーと、既に引退しているがパーカーのチームメイトだった元NBA選手マイケル・フィンリーが参加。ついでに書くと、この映画でお父さん役をしているブライアン・ホワイトのお父さんが殿堂入りしている位のNBAスター選手ジョジョ・ホワイト。ボストン・セルティックスで優勝に導いたプレイオフのMVPも獲得している程の選手。

14歳のティロン(マイケル・レイニー・ジュニア)はバスケットボールの才能に優れ、将来が期待されている一人。しかし計算力障害を抱え、一人悩んでいた。しかも父(ブライアン・ホワイト)は以前やっていたスポーツにより、脳障害を抱えているようだが、ほったらかしにしており、職が長く続けられる事が出来ず、生活は苦しかった。そんな時に私立の高校のバスケットボールコーチ(ジョシュ・チャールズ)にスカウトさせる。学業の設備も整っている私立なので、コーチに計算力障害についても協力してもらう事を約束に、高校に通うようになるが、一番若いティロンは何かと上級生から嫌がせを受けたり、学業の方も思っていた感じと全く違った。何とか慣れようと努力するティロンだったが...

という事で、バスケットに加え、計算力障害という要素が加わっております。まあでも基本的には『Blue Chips / ハード・チェック (1994)』とか『He Got Game / ラストゲーム (1998)』の高校生版っていう感じ。この2作品を足して、水で10倍に薄めた感じ。高校が舞台だから薄めたのかな?同じ高校スポーツ(アメフト)がテーマの『Friday Night Lights / プライド 栄光への絆 (2004)』なんて濃厚で面白かったのに!

でも主役のマイケル・レイニー・ジュニアは良かった。貢がれた高価なイヤホンとゴールドチェーンを、家に入る前に隠す所とか良かった。期待される選手ってあんな感じだろうなーと。悪い事だとは思っているんだろうなーと。まあでも、私立の高校にスカウトされ、そこで活躍したからって、将来NBAが保証されている訳でもなく... 高校バスケ選手と言えば、マクドナルド主催のオールスターゲームでありますが、そこに参加して活躍したからって、それでも将来NBAが保証されている訳でもなく... この前、うちのOKCサンダー所属のカーメロ・アンソニーとレイ・フェルトンが出場していた2002年のマクドナルド・オールスター戦の再放送見ていたけれど、NBAで見なかった選手も多い。逆にですよ、私の大好きなMVP獲得選手ラッセル・ウエストブルックなんて、そのオールスターには呼ばれてないですからね!高校の時なんてまだどうなるかなんて分からないものです。

って、結局NBAの話になってしまって、この映画の話はどこへ行った?という感じではありますが、そういえばそれと同じ位、主人公の計算力障害の話は最後どうなったんだろう...って位に空気になっていた。残念。

Amateur / アマチュア (2018)(3点:1636本目)