SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

ロン・ヴァン・クリフ監修の風情ある空手ドキュメンタリーの古典『The Super Weapon』

年に1度か2度行うDVDの整理をしていて気が付いた作品。ロン・ヴァン・クリフ!黒人の空手家。ジム・ケリーが美しい華麗な型なら、ロン・ヴァン・クリフ(RVC)はパワーの型かな。どっしりしている。そのRVCがちょこっと出ている香港のカンフー映画だと思っていたんですよね。だから見始めてビックリ、わーお!なんと空手のドキュメンタリーでした。

どこか東洋ぽい国の風景、そして男が頭で瓦割り。ナレーションが空手について説明を始める。空手の「空」はエンプティ、「手」はハンド。空手はエンプティ・ハンドの意味だが、ウェポン(武器)である。インドや中国から伝わり...と合ってなさそうな空手の説明が続き、ロン・ヴァン・クリフがデモンストレーションを始める...

と、面を食らった。最初に書いたように、RVC出演のカンフー映画だと思っていたので。RVCのデモンストレーションもRVCのプロモーションビデオか!ってくらいに、弟子の皆さんがばったばったと見事に倒れてくれます。本日の一枚の写真もRVCが弟子を一撃の写真です。こんな感じがずっと続くのかな?と思っていたら、他のマーシャルアーティストも登場し、カンフーや合気道やテコンドーなどを見せていきます。最初は面を食らっていた私ですが、やはりそこでデモンストレーションしている人々はRVCが選んだ人々なので一流。面白かった。とくに、名前は分かりませんが、若い黒人vs若い黒人の試合は面白かった。2人とも途中から熱くなっているのが分かる。あと終盤にあるテディ・ウィルソンの首で技を受け止める技は凄かった。下ネタに弱い私は、股間には笑ってしまいましたが...(ごめんなさい)。

実はこれ、カンフーオタクのウータン・クラン監修のカンフー寄せ集めDVD集に入っている。彼ら、とくにRZAのカンフー好きには頭が下がる。流石です。でも残っている画像が悪いのが残念。如何にも80年代にトラッキングを頑張りながら観るビデオって感じです。まあ、今となってはそれも風情かなとも感じてしまいます。そんな風情とかエフェクトなどの作りが『The Deadly Art of Survival / 日本未公開 (1979)』に似ている。観ながらこの映画思い出した。ナレーションがこれまた風情ある。なんていうか、これまた70・80年代の日本の特撮作品とか大映テレビぽいナレーションだなと。

という訳で、ロン・ヴァン・クリフとフランク・ルイーズがマーシャルアートのテクニカルアドバイザーとしてちゃんとやっておりますので、その手の映画が好きな人にはたまらない風情あるドキュメンタリー。ただ、こういうのが100%大好き!という人におススメする。99%以下の人にはおススメしない。

The Super Weapon / 日本未公開 (1976)(3.75点:1608本目)