SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Black Dragon's Revenge The Death of Bruce Lee / 日本未公開 (1975)

Cast >> Ron Van Clief (Ron Van Clief), Charles Bonet (Charles), Phillip Ko, Jason Pai Piao, Linda Ho ...
Director >> Chin-Ku Lu
Writer >> Norbert Albertson Jr.
Producer >> Yeo Ban-Yee
Genre >> Action
Country >> Hong Kong

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 4

I'm the 4 time champion! (in Booker T's voice)
世界中の人々から愛されたブルース・リーが突然謎の死を遂げた。アメリカに住むお金持ちの中国人がロン・ヴァン・クリフ(ロン・ヴァン・クリフ)の噂を聞きつけ、ヴァン・クリフにその謎を解きに香港まで行って欲しいと頼まれる。ロン・ヴァン・クリフは香港に住むベトナム時の戦友チャーリー(チャールズ・ボネット)の元に行き、2人は捜査を開始するが...

アメリカではなく香港映画で活躍したアクションヒーローのロン・ヴァン・クリフ。前作の「The Black Dragon」ではタイトルに名前が使われているのにも関わらずカメオ出演程度だったが、今回はちゃんとした主役!お得意のハイキックを十分に堪能できる。ブルース・リーの死を搾取した感が丸出し。かなり趣味は良くない。が、ロン・ヴァン・クリフのアクションシークエンスは素晴らしい。ラストシーンも中々。しかし演技は台詞棒読みだ。なので役名もなく、ロン・ヴァン・クリフはロン・ヴァン・クリフなのだ!とばかりに、香港のクンフー軍団を滅多打ち。かなり悪女な雰囲気を出していたリンダ・ホーみたいな女ですら容赦なし。「The Black Dragon」でクンフーだけでなく演技の達者なところもみせていたジェイソン・パイ・ピョウがいい感じで助演している。チャールズ・ボネットも中々の好演。

4回も世界チャンピオンとなったロン・ヴァン・クリフ(ブッカーTWCWで5回)。本国アメリカではなくて、香港のB級映画でヒーローとなった男。しかしクンフーは誰よりも本物だった。黒塗りの女性に興味で触られて「見せ掛けじゃねえ」と返す。見世物だったと彼自身の理解していたと思う。それ程までにアメリカ映画界は受け皿が小さかった事も分かる。

(9/8/11:DVDにて鑑賞)