SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Mama, I Want to Sing! / 日本未公開 (2012)

Cast >> Ciara (Amara/Doris), Hill Harper (Jeff Andrews), Lynn Whitfield (Lillian Winter), Kevin Phillips (Luke), Ben Vereen (Horace Payne), Kim Porter (Tara), Patti LaBelle (Sister Carrie), Billy Zane (Amara's Producer), Marvin Winans (Reverend Winter) ...
Director >> Charles Randolph-Wright
Writer >> Charles Randolph-Wright
Producer >> Jeff Clanagan, Holly Davis Carter ...
Genre >> Musical
Country >> USA

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 4

Wouldn't Mr. Gordon Parks do this?
ドリス(シアラ)は小さい頃から歌が上手く、父(マーヴィン・ワイナンス)の教会が新しくなり、その日にクワイアでソロを歌う事を許された。母(リン・ホイットフィールド)は心配でたまらなかった。そしてドリスの弟は写真家ゴードン・パークスに憧れ、いつもカメラを持ち歩いて写真を撮っていた。しかし、父が倒れ、そしていつの日か家族はバラバラになっていたのだった...

愛されたミュージカルの映画化。多分ミュージカル舞台は、本土アメリカよりも日本で愛された。その証拠にアメリカでも行っていない公演を、日本で上演しているのだ。タイラー・ペリー以前のゴスペル舞台。いわばオリジナルゴスペル舞台だ。オリジナルの舞台を残念ながら見たことがないが、きっとこの映画より面白い筈。遠く離れた日本でも愛されたミュージカルだからだ。この映画からは、なぜ主人公のドリスが歌う事が好きなのか、あんまり感じられなかった。多分シアラの表現不足と演出の悪さが目立ったからだ。ヴァン・ヴァーレンの素晴らしさだけが光った。彼の台詞と存在感は際立っていた。後はパティ・ラベルのチャーミングさも目立った。しかし、この映画の欠点を全て拭う事は出来なかった。

もっと歌の素晴らしさや楽しさを見たかった。もっと別の形で見れたら、絶対に面白かったと思えたと目に見えているだけに、悔しさが残る。

(2/17/12:DVDにて鑑賞)