SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

青い鳥文庫モハメド・アリ的な101講座『アリ/栄光への軌跡』

モハメド・アリは映画にするだけで面白い」は、私が何年も書いてきた持論。それゆえに沢山の作品が存在していて、これもその一つ。これだけ意外と観ていなかったので、観てみた。Foxで放送されたTV映画。監督は『Sugar Hill / シュガー・ヒル (1994)』のレオン・イチャソ。モハメド・アリに扮するのは、TVシリーズ『Arrow/アロー』のジョン・ディグル役デヴィッド・ラムジー

モハメド・アリ(デヴィッド・ラムジー)は、試合前のトレーニングでザイールのキンシャサに居た。子供たちと戯れながらランニングをしたり、王者ジョージ・フォアマンに宣戦布告したりしていた。しかし、選手としての肉体的なピークの峠を越しており、どことなく調子悪さを感じていた。ふと、子供の頃を振り返る。自転車を盗まれて追いかけた先で入ったボクシングジム。そこで話しかけられた警察官により、自転車を取り戻す為にと教えてもらったパンチに夢中になり、トレーニングを始める。時は過ぎて1959年ゴールデングローブの大会会場に居た...

ボクシングを始めるきっかけから、あのキンシャサの奇跡までをオーソドックスにコンパクトにモハメド・アリを追うTV映画だ。なのでモハメド・アリの基本を知るのに適している。でもオリンピックの金メダル川投げ事件とかは、なぜかぼんやりと描いている。でも他の映画ではあんまり描かれていない弟ルディ/ラーマン・アリや父との関係を描いているのが興味深い点だ。モハメド・アリを演じようとするとどうも物まねになってしまうが、デビッド・ラムジーのは中々様になっていて、真剣なシーンは特に良い。モハメド・アリを描くときにハリウッドはやたらとジャーナリストのハワード・コーセルとの関係を描きたがるが、この作品は当時の映像風にチョイチョイ挟んできたのはしつこくなく上手かった。

オーソドックスであるが故、そしてテレビ映画である故に、どうしてもこじんまりした感じを受けてしまう。突出した部分は無い。でも、モハメド・アリを手軽に知るのには丁度いい。子供の頃に読んだ伝記本的だ。ここからモハメド・アリに手をつけていくのは丁度いいだろう。でもこれを見ただけでモハメド・アリの本当の面白さは知れない。これをきっかけに他の作品で、モハメド・アリの面白さを堪能してもらいたい。とは思う。

Ali: An American Hero / アリ/栄光への軌跡 (2000)(3.5点:1599本目)