SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

I Am Ali / 日本未公開 (2014) 1301本目

モハメド・アリのドキュメンタリー。83本目くらい?というか、実際に何本あるのか分からないけれど、とにかく多いのがモハメド・アリドキュメンタリー映画!その度に毎回書いてはいるけれど、アリはドキュメンタリーにぴったりな男である。だからこそ色んな監督がアリのドキュメンタリーを作り続ける。撮りたい男、モハメド・アリ

今回はモハメド・アリが後で聞き返すと絶対に楽しいから!と録り溜めた録音テープ、そしてアリと関わった人々のそれぞれの「物語」と共に、モハメド・アリという人物を追っていく。

って、モハメド・アリの解説はしない。って要るの?モハメド・アリの事を知らない人なんて居るの?って位、全世界で知られ、そして愛されている人物である。私が生まれた頃にはカシアス・クレイではなく、もう「モハメド・アリ」だった。そのアリがボクサーを引退した1981年には、もう小学校には上がっていたので、現役の記憶があっても不思議ではないが、正直現役の記憶はない。しかしそんな私でも小さい頃からモハメド・アリという名前を知り、それが偉大なボクサーであった事は知っている。どこでそれを知り、いつそれを知ったかという記憶はない。それだけ自然にすんなりと入ってきた情報だ。多分、今の10代でも同じだと思う。

何が?なぜ?そこまで人々がモハメド・アリに魅了されるのか?ボクシングでの強さ、何があっても復活してくる強靭で圧倒的な強さ...はもちろんだけど、やっぱり飽きさせないその言動と人柄にもある。アリの口調や話は何回聞いても飽きない。しかしやはりその言動や人柄も、ボクシングで何度も復活してきて自分の言動を見事に実現してきた強さがあったからこその魅力である。並大抵の努力や我慢じゃなかった。そんな自分の魅力をアリは自分自身知っていたように思える。今は有名になる為に絶対に必要なPRチームなんてアリには要らなかった。セルフプロデュース出来る男だったのだ。だからこそ、録音テープを録り続けた。普通の人は会話をただ録音するのが面白いなんて思わない。アリは分かっていたのだ。そしてそれが実際にこのように公に出て、最高に面白いのだ!娘や息子に優しいアリ、そして人生を教えるアリ。最高だ。

それだけでなく、アリの側近である娘や息子、マネージャーにトレーナー、そして仲の良かったジム・ブラウンまでアリとのストーリーを語っていく。ジム・ブラウンの話は面白かった。アリが徴兵拒否して窮地に陥っている中、ジム・ブラウン(NFL)やビル・ラッセル(NBA)やカリーム・アブドゥル=ジャバーNBA)、ジョン・ウーテン(NFL・会の発起人)等の黒人アスリートが集まり、アリの本心を本人から聞き、彼等はアメリカ国民から非国民扱いを受けていたアリをサポートとした。この時にはカリーム・アブドゥル=ジャバーはまだルー・アルシンドーだったから、カリームもモスリムに改心する事に影響受けたんじゃないかな?

さらにソニー・リストンの息子の話は泣けるね。あの試合の裏側を知るソニー・リストンの息子とモハメド・アリの娘の話がリンクした時、。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!ってなるよ。泣けると言えば、マイク・タイソンのアリ・ストーリーも泣ける!最近、マイク・タイソンが映画で私を泣かすんですけど... それに加えて、『Ali / アリ (2001)』でも使われたサリフ・ケイタの「Tomorrow」が最高過ぎで!この曲は70年代のアリにどんぴしゃなサントラだね!

それにしてもアリの話は尽きない。多分これからまだまだ150本位はいけるでしょ!この作品には他にもいっぱーいツボがある。それだけ輝き続ける人だ。

感想やオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:11/20/14:DVDにて鑑賞)