SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

LA住民にとっての1992年LA暴動とは?『Burn Motherfucker, Burn!』

先日の『LA 92 / LA 92 (2017)』と同様に1992年に起きたLA暴動・蜂起・不安についてのドキュメンタリー映画。こちらもTV映画で、こちらは有料チャンネルにて放送。監督はファッション畑の人で、そんなヒップホップ・ファッション系の映画ドキュメンタリー『Fresh Dressed / 日本未公開 (2015)』のサシャ・ジェンキンス

こちらも当時の映像がたっぷり。そしてドキュメンタリー映画ならではのインタビュー映像も多いが、起こった当時のニュースなどでの街頭インタビューなどの当時のインタビュー映像が多いのが特徴。そしてヒップホップにも精通しているサシャ・ジェンキンス監督らしく、アイス・キューブ(当時映像だけど)やYoYoにスヌープ・ドッグにサイプレスヒルにフィッシュボーンまで登場し、当時を振り返る。ので、『LA 92』ではなく、こちらのエントリーでアイス・キューブと共にLA暴動を振りかえれば良かったと後悔している。面白かったのが、スヌープ・ドッグがラッパーとしてではなく、OGという敬称で出ていたのが笑った。

それだけではなく、LA暴動を語る映画で初となる登場がワッツ・プロフェットやワッツ・ライターズ・ワークショップの事だ!1965年のワッツ暴動以降に、政府機関が非営利団体への寄付金を拡大した事で、ワッツにもコミュニティセンターが出来るようになり、ワッツ・ライターズ・ワークショップなどが出来たという。ここは有名な白人脚本家が設立し、TVシリーズ『ラブ・ボート』などで知られる俳優のテッド・ラングや、『007 死ぬのは奴らだ』のヤフェット・コットーなどが居た。そこから出てきたのがワッツ・プロフェットだったという。そしてこのようなコミュニティセンターから頭角を現すようになったのが、学者でクワンザの創設者マウラナ・カレンガ(ロン・カレンガ)。この一連の流れは、他の映画で語られる事がなかったので、面白かった!!

この映画の中で忘れられないのが、ラターシャ・ハーリンズの従姉妹の涙。ラターシャ事件の詳細はこちら。実はその従姉妹がラターシャよりも先にオレンジジュースを買ってくるように言われていたが、面倒だから嫌!と断った事で、ラターシャが行く事になった。その従姉妹は今でも泣きながら「本当なら私が殺されていたのかもしれない」と話す。胸が抉られる。

そしてエンディング。LAの子供たちがLAについて語る。彼らにとってLAは「家」。それでも彼らは燃やし尽くした...マザーファッカー、燃やしてしまえ!警告だ。

Burn Motherfucker, Burn! / 日本未公開 (2017)(4.75点:1552本目)