SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

『インペリアル・ドリーム』と90年代フッド映画隆起

イギリスの若きデンゼル・ワシントンこと、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジョン・ボーイエガ主演のロサンジェルスを舞台にしたドラマ作品。インディペンデンス映画として制作され、インディの最高峰サンダンス映画祭の「Next」部門で上映され見事観客賞を受賞し、Netflixが配給権利を獲得し配信開始。監督のマリク・ヴィッサールはこの映画の舞台となったLA出身で、大学も故郷の名門USCの映画学科を卒業。現在はヴァーモント大学美術学校にて、映画を教えている教師でもある。

LAが舞台で主人公がギャングスタとなると、やはり『Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)』から始まった90年代のフッド映画と呼ばれる映画を思い出す。『South Central / サウス・セントラル (1992)』や『Menace II Society / メナース II ソサエティー/ポケットいっぱいの涙 (1993)』、更にはコメディ仕立ての『Friday / friday (1995)』まであったりと、アイス・キューブジョン・シングルトンF・ゲイリー・グレイなどの多彩な才能が育ち、90年代のブラックムービー・ルネッサンス時代を支えていた作品ばかりだった。90年代リアルタイムでフッド映画を観た頃に感じた衝撃は今でも忘れられない。しかも映画館で起きた発砲事件も衝撃的だった。現実を叩きつけられ、社会の冷たい厳しさに絶望し、怒りを覚えた。

この映画はその中でも『サウス・セントラル』を思い出させる。そうするしか道がなかったギャングに足を踏み入れた主人公が、如何に更生していくか。しかも『サウス・セントラル』では主役を演じていたグレン・プラマーが、今度は主人公を悪の道へ引きづりこんだ伯父を演じているので余計に思い出してしまうのだ。そして一度道を踏み外してしまうと、その悪循環から抜け出す大変さもこの映画は描いている。ジョン・ボーイエガが演じた主人公バンビと義兄弟ウェインとの対比が余計にそれを浮彫にしている。それでも自分の使命と運命と父親としての自覚を失わないバンビに、観た者は感動する事になる。ここで伝えられる最終的なメッセージは、90年代とは違って、割りと前向きだ。

ちなみにタイトルのインペリアルとは、ワッツからオレンジカウンティまでを結ぶインペリアル・ハイウェイ近くにあるワッツのプロジェクト(公共住宅)のインペリアル・コーツの事である。プロジェクトは勿論の事、インペリアル・ハイウェイも効果的にロケーションとして登場してくる。しかもフライング・ロータスが担当した音楽が、90年代のぽくアドレナリンを刺激する。と、LAのフッドがこの映画の個性ともなっていて、紛れもないフッド映画である。

最近、この手の映画が少ない。ここの資料(最近の資料が見つからず10年前になってしまうが)を見ると、LAのギャング数は増えているが、メンバーの数は劇的に減っているようだ。それも理由の一つかもしれない。しかし肝心のギャング関係による犯罪は増えている。この映画はそんな先細りしたLAギャングたちの声を蔑ろにはしていない。まだまだ居るし、問題は山積みになっている事を前とは少し違って前向きに代弁しているのだった。

Imperial Dreams / インペリアル・ドリーム (2017) (VOD)(4.75点:1528本目)