SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦

私のお休み中に発売されたので、ブログでは中々書けなかったのですが...既に発売中の『映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦』のミステリ映画ベスト10を選ばせて頂きましたよ。黒人映画はミステリのジャンルが極端に少なかったりするので、黒人映画だけじゃなくてもいいですよ!と優しくお声を掛けて頂いたのですが、と言われると「じゃあ黒人映画だけで選びたい!」という血が騒いでしまい、血眼になって探してその中からベスト10を選びました。中には、それミステリかい?と思うかもですけど、IMDBでミステリになっているのから選びました!ので、IMDBのせいですwww あとはミステリ作家原作の映画化とか探偵モノとか。そしたらね、意外とミステリのジャンルになっている映画が多い事!

まあ1位はダントツですね。何度見ても面白い名作中の名作。ミステリっていう枠じゃなくても、黒人映画のトップ10には絶対に入るであろう名作。この映画を紐解くと、ニグロ・アンサンブル劇団にたどり着く。デンゼル・ワシントンサミュエル・L・ジャクソンアンジェラ・バセットという今の第一線の人々を輩出した劇団。そこの十八番の名劇作がこの作品。黒人の劇作家チャールズ・フラーが書いているので、味わい深い。まあツイッターにもチョロっと書きましたが、ニグロ・アンサンブル劇団が上演していた時には、サミュエル・L・ジャクソンが出演していて、好評を受けていたのだけど、映画化の時には出れずに、傷心。サミュLの叔父貴はそれで一時期荒れた。その時に励ましたのが、モーガン・フリーマン。自分も長い下積み時代があって認められない日々が続いていたので、サミュLの叔父貴を励ました。ジャンキーの経験を生かした『Jungle Fever / ジャングル・フィーバー (1991)』にてカンヌ映画祭には助演賞なんてなかったのに、このために無理矢理作られたカンヌ映画祭助演賞を受賞!見事に今の地位を確立した訳です。という、凄まじい裏話もあったりしますが、それ抜きでも本当に素晴らしい名作。1度じゃなくて、絶対に2度見て欲しい!分かった上で見ると、如何にデンゼルの演技が緻密なものか分かります!そして鬼上官のアドルフ・シーザーの哀愁ったら!!!更には、デンゼルの前の時代の主演男優ハワード・E・ロリンズ・ジュニアという名優にも出会える作品です。この映画は黒人がオスカーを取るのが最も難しかった80年代(演技部門でオスカー獲得はルー・ゴセット・ジュニアのみ!)に助演男優賞にアドルフ・シーザー、脚本部門でチャールズ・フラーがノミネートされている根性の作品でもあります。

それにしても、この黒人映画界のこのジャンルはデンゼルが独占しているなーと。惜しくもランク入りはしませんでしたが、デンゼルの『The Mighty Quinn / 刑事クイン/妖術師の島 (1989)』も好き。デンゼルの怪しいカリビアン訛り。デンゼルって、やっぱり凄いなって。多分、ベストアクターはデンゼルがぶっちぎりの1位でしょ!と思ったら、そうかあの人が居ましたね。

是非よろしくお願いいたします!