SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Kung Fu Brother / 日本未公開 (2014) 1485本目

タイトルにひかれてあまり期待しないで観たのですが、そこそこ面白かった。『Never Back Down: No Surrender / マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦 (2016) (Video)』ほど手放しに褒めないし、ススメないけど、『Afro Ninja / アフロ忍者 (2009) (Video)』のあの雰囲気が好きな人には、おススメする。というのも、基本安っぽいので。でも『アフロ忍者』みたいな面白い裏話は一切ない。でも同じく、スタント俳優たちが集まって作っているので、肝心のアクションシーンは中々だったりします。特に戦いのシーン。タイトルのカンフー・ブラザーとは、黒人ですがなぜかタイで警察やっているネイサンの事。ネイサンはなぜかタイに籠って刀などの武術の訓練を受けたらしい設定。敵がサモトという日本人ぽい名前だけど、白人のスタントマンが演じている。この人の身体能力が凄くて忍者みたいな設定で面白かったのもある。LA市警刑事の1人を演じているマーカス・オーレリアス・ダニエルズが監督。カンフーなんだけど、舞台はLAとタイ。ほぼタイ。『マッド・ウォーリアーズ』&『The Asian Connection』&そしてこの映画と続いてタイが舞台の格闘映画鑑賞が続いた。タイで作ると多分安いんだろうね。しかもトニー・ジャーのお陰でタイでアクション映画を作る地盤が出来たんだと思う。エキストラの人々もヤラれ慣れているのが分かった。そしてタイでお馴染みの3輪タクシートゥクトゥクでカーチェイスまでやっている!LAで人が殺されて、捜査で追う内にタイにたどり着くのだけど、まあとにかく全てが摩訶不思議な設定でして、まずカンフーなのにタイ!忍者ぽいのにタイ!ネイサンの違和感あるタイの警官ユニフォーム!まあ色々突っ込みどころが多くて楽しいタイプの映画。週末に友達とビールでも飲みながら見るのに最適。手作り感満載。その満載さは、エンディング映像にも出ている。映画を真剣に観ないタイプの人たちにおすすめしたい作品。楽しいのは確実。(3.25点)
Kung Fu Brother / 日本未公開 (2014)