SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

Kung Fu Brother / 日本未公開 (2014) 1485本目

タイトルにひかれてあまり期待しないで観たのですが、そこそこ面白かった。『Never Back Down: No Surrender / マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦 (2016) (Video)』ほど手放しに褒めないし、ススメないけど、『Afro Ninja / アフロ忍者 (2009) (Video)』のあの雰囲気が好きな人には、おススメする。というのも、基本安っぽいので。でも『アフロ忍者』みたいな面白い裏話は一切ない。でも同じく、スタント俳優たちが集まって作っているので、肝心のアクションシーンは中々だったりします。特に戦いのシーン。タイトルのカンフー・ブラザーとは、黒人ですがなぜかタイで警察やっているネイサンの事。ネイサンはなぜかタイに籠って刀などの武術の訓練を受けたらしい設定。敵がサモトという日本人ぽい名前だけど、白人のスタントマンが演じている。この人の身体能力が凄くて忍者みたいな設定で面白かったのもある。LA市警刑事の1人を演じているマーカス・オーレリアス・ダニエルズが監督。カンフーなんだけど、舞台はLAとタイ。ほぼタイ。『マッド・ウォーリアーズ』&『The Asian Connection』&そしてこの映画と続いてタイが舞台の格闘映画鑑賞が続いた。タイで作ると多分安いんだろうね。しかもトニー・ジャーのお陰でタイでアクション映画を作る地盤が出来たんだと思う。エキストラの人々もヤラれ慣れているのが分かった。そしてタイでお馴染みの3輪タクシートゥクトゥクでカーチェイスまでやっている!LAで人が殺されて、捜査で追う内にタイにたどり着くのだけど、まあとにかく全てが摩訶不思議な設定でして、まずカンフーなのにタイ!忍者ぽいのにタイ!ネイサンの違和感あるタイの警官ユニフォーム!まあ色々突っ込みどころが多くて楽しいタイプの映画。週末に友達とビールでも飲みながら見るのに最適。手作り感満載。その満載さは、エンディング映像にも出ている。映画を真剣に観ないタイプの人たちにおすすめしたい作品。楽しいのは確実。(3.25点)
Kung Fu Brother / 日本未公開 (2014)