SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

Never Back Down: No Surrender / マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦 (2016) 1484本目

マイケル・ジェイ・ホワイト先生の監督第2作目だよ!『Never Back Down』シリーズとしては3作目。私もMJW先生と書いたり、MJW師匠と書いたりしちゃうのですが、この映画に関しては「先生」を使います。そういう映画ですからー!若者が格闘技と人生の「先生」を得て、成長していくシリーズですからー!という事で、MJW先生は1作目は出てないし関係ないけど、「2」からいきなり監督デビューして、そのまま引き取ってしまったNBDシリーズです。結論から書いちゃいますけど、これは良い!MJW先生作品の中でも上位にランクするであろう作品。という位に良い!という事で今回、MJW先生から指導をいただくのは、なんとジョシュ・バーネット!元UFJ王者のバーネットなら指導要らずじゃないか!とお思いでしょう。でも格闘技の世界は日々鍛錬。しかも下り坂の主人公って事で、これは後期の『ロッキー』シリーズを思わせる...そう、MJW先生的『ロッキー3』なのがこの作品なのだ!とは言え、MJW先生も自身で『ブラック・ダイナマイト』とか作ったりして面白い一面も見せちゃったりしているじゃないですか?そんなMJW先生の映画制作者としての成長も惜しむ所なく見せている。渋いトレーニング→面白いセリフ→カッコいいアクションシーン→セクシーなシーン→トニー・ジャーひたすら叫ぶ!みたいな、飽きない展開。そして「俺たちステロイドなんて絶対に使わない!」っていう硬派な格闘家としての信念も見せる。でさ、カメオ出演者の使い方まで上手いんだ。トニー・ジャーは書いたように、ただひたすら叫ぶのみ!で使用する贅沢さ、そしてジージャー・ヤーニンはどのように使われたのか伏せておくけれど、滅茶苦茶カッコいいので期待して欲しい。更にはクイントン・ランページ・ジャクソンね。これは笑ってしまった!MJWの新妻が今回の映画のお相手。髪型だけで、こんなにイメージ違うんだ!とびっくりした。で、最後はONYXの曲ぅーーー!余りの完璧さに痺れた。(4.75点)
Never Back Down: No Surrender / マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦 (2016)