SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Popstar: Never Stop Never Stopping / 日本未公開 (2016) おまけ

これ最高に面白かった!夏のコメディでは『Keanu / 日本未公開 (2016)』か、これかという位面白かった。軽く説明すると、『サタデー・ナイト・ライブ』の元レギュラーのアンディ・サムバーグが組んでいるザ・ロンリー・アイランドの作品。というか、そのザ・ロンリー・アイランドはラップとかもやっているけれど、その3人のまま映画1本作った感じ。アンディ・サムバーグ扮するコナーとアキバ・シェイファー扮するローレンスとヨーマ・タッコン扮するオーウェンの3人は、ザ・スタイル・ボーイズというバンドを組んで人気となったが、現在はコナーがソロで大人気となっており、ドキュメンタリー映画を撮っていた。という設定。所謂モキュメンタリーのコメディ。3人で脚本書いて、アキバ・シェイファーとヨーマ・タッコンが監督。この辺りも、この物語をそのまま反映している感じがあって好き。物語はもうね、とことんジャスティン・ビーバーをバカにしているでしょ?っていう感じなのだけど、ジャスティン・ティンバレイクやピンク姉さんまで出ていたりして、ポップが嫌いな人も、逆に好きな人も十分に楽しめるのだ。私はどちらかというとポップをバカにしたいタイプの人間だけど、そんな私が100%楽しめた位に、結構キツイ風刺がされている。そしてこういう音楽ドキュメンタリーに今や欠かせないザ・ルーツのクエストラブがコナーについて語っていたり、他にもアッシャーとかナズや50セントやRZAまで出ている。あ、マライア・キャリーとかデンジャー・マウスまで出ていたのにはさすがに驚いた。今の音楽事情に詳しい人なら、絶対に楽しめる。というのも、バカにしているだけじゃないからね。流石に。もっと一杯語りたい、そんなコメディ。そしてアンディ・サムのがイマイチ分からない??な人はザ・ロンリー・アイランドで作った前作『ホット・ロッド/めざせ!不死身のスタントマン』を見るといい!(4.75点)
http://www.popstarmovie.com/