SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

"30 for 30" This Magic Moment / 日本未公開 (2016) (TV) 1467本目

私のNBAのルーツはアンファニー・”ペニー”・ハーダウェイ(以降ペニーたん)。『Blue Chips / ハード・チェック (1994)』という映画で、ペニーたん演じるブッチ君がコーチ(ニック・ノルティ)に向かって「コーチ、ホームシックなんです」と言った瞬間に、こっも(´・ω・`)ってなって、なんとぉおおおカワ(・∀・)イイ!!んだー!(*ノωノ)と、惚れました。それからNBAの試合をチェックするようになって、ペニーたんの華麗で美しいプレーに心弾みNBAも好きになった次第です。長くなりましたけど、そのペニーたんが居た頃のNBAオーランド・マジックが題材となっているESPNの『30 for 30』シリーズの最新作。ペニーたんとチームメイトだったシャキール・オニール(以降シャック)が制作総指揮。もぉおーー、懐かしい映像ばかり。しかしあれももう20年前なんだ!と、自分の年を恥ずかしく思った次第です。それにしても、私は今はオクラホマシティ・サンダー(以降サンダー)のファン。この頃のマジックと今のサンダーが結構同じ状況だなって思ってしまい、(´・ω・`)としております。優勝に近いチームでありながら、結局一回も優勝できなかったマジック。サンダーも優勝してもおかしくないし、やはり決勝まで進んだのに手に入れる事は出来なかった。そしてシャックはフリーエージェントになって、マジックを去ってしまった。サンダーの一番の選手ケビン・デュラント(以降KD)も今期を最後にフリーエージェントになる(´・ω・`)。ああー、お願いだ!KDもこのドキュメンタリー見ていますように!!🙏 去るとシャックみたいに後悔すっぞ!サンダーもKDの要求通り払ってくれ!最後のシャックとペニーの会話で号泣しちゃいました。シャックは念願の優勝をコービー・ブライアントと果たしたけれど、何となくまだ満たされていない感じ。ペニーと共に取りたかった!というのが伝わってきたんですね。あの頃、私も優勝を願い応援していたので、あの会話で何か報われた気がしたんですよね。という事で、KDよ、ウェストブルックと取らなかったらぜったーーーーに後悔すっぞ!!っていうか、もう今年優勝しようぜよ!!!#ThunderUp(KDサンダー在留を望み泣きながら4.75点)
"30 for 30" This Magic Moment / 日本未公開 (2016)