SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Thunderstruck / サンダーストラック 奇跡を呼ぶダンクシューター (2012) 1175本目

私が大好きなNBAオクラホマシティ・サンダーに所属するケビン・デュラント(以下KD)が主演の作品です。KDはKD本人として出演。まあ所謂マイケル・ジョーダンの「スペース・ジャム」(懐かしい!)的な?作品。でもマイケル・J・フォックスの「ティーン・ウルフ」(これまた懐かしい!)的でもあり、「Like Mike / ロスト・キッズ (2002)」(これはそんなに懐かしくない)的でもある作品。でも「Blue Chips / ハード・チェック (1994)」的ではありません。でもバスケットボールが全面に出ている作品。

オクラホマの高校に通っているのが冴えないブライアン。地元チームのスター選手KDが大好きで、彼の真似をしてバスケをやるけど、全然ダメ。超下手。超美人の女生徒イザベルが転校してきたけど、中々話せない。しかも、自分が失敗した所をビデオに撮られていて、それを彼女の前で見られてしまい、沈没。落ち込んでいたブライアンを励ます為に、父親はサンダーの試合に連れていく。運よく...というか、本当はお父さんが当てたハーフタイムショーの時にショットが決まれば大金を手に出来るというチャンスがブライアンに巡ってくる。しかし、そのショットをチームのマスコットであるランブル・ザ・バイソンに当ててしまう!それを見ていたKDが気の毒だと、ボールにサインしてブライアンに渡すが、そのときに衝撃が走って、二人の才能が入れ替わってしまう!

と、映画では昔からよくある感じのストーリー。でも割と面白かったー。「スペース・ジャム」がビル・マーレイなら、こちらはジム・ベルーシ!!しかも実の息子も出演。2人はコーチとアシスタント・コーチ。2人で漫才ぽい事してます。白人の人たちは「勝利への旅立ち」が好きなんだ!って思いました。ジム・ベルーシはナンセンスを語らせたら最高!さすがにファンの私もKDの演技は褒めないよ。でもKDの真面目で人の良いキャラクターが生かされていたのが、とても嬉しい!やっぱりKDはああじゃなくっちゃ!ボヤキながらもやっていくのが面白い。けれど割と本音を語っていたりする。試合中は彼よりもデカい人が多いので気にならないけど、やっぱり私生活は大きいんだなーと、当たり前的な事を思う。しかもKDは頭を下に下げている事が多い。相棒的なエージェントを演じたブランドン・T・ジャクソンがそんなに大きくないから余計に目立つ。高校に行ったシーンを見ると、何か哀愁のモンスターって感じ。

この映画のように主人公が白人の男の子(または女の子)で、それを助けるのが黒人だったりするパターンは、黒人側から見ると鼻につくパターンばかり。でもこの映画はそれをあんまり感じさせないね。黒人が助けてやった感が抑えられている。まあ主人公も努力してない訳じゃないから...という理由かな。KDの元々のキャラもあるかもしれない。主人公の親友も黒人の男の子。この子も良かったね。

KDも良かったけど、KDのママが最高!KDはママ&お婆ちゃん子でも知られているけど、あんな事をママがやって怒らないのも偉い!私があれやったら、うちの子に半年位は無視されそう〜w。あのシーン、笑ったわー。KDのファンはあのシーンだけでも見るべき!

バスケのシーンはリアリティを求めたらしいが、さすがに主人公の男の子のダンクシーンは酷い。コメディぽい出来。KDのシーンとか、他のロングシュートとかは良いけど、あのダンクだけは茶番。あれが無かったら、もっと良かったかも。

NBA選手が出演の映画にありがちな、NBA選手がわんさか出ている作品。こちらは現役は、WNBAのキャンディス・パーカーだけだけど、引退して解説者として活躍中のチャールズ・バークリー、シャキール・オニール、ケニー・スミス、レジー・ミラー、スティーブ・カーが出演。なんだかんだと、NBA組みは仲良いねー!結束固い。それとも単なる目立ちたがり??前者にしておきますか。

それにしても金曜日のOKCサンダーの残り時間9秒からの逆転は凄かったよねー。シビれたー!あれがあるからNBAはたまらんのですよ!!

感想やあらすじはこちら

(3.5点/5点満点中:11/25/13:DVDにて鑑賞)