SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

About Last Night... / きのうの夜は… (1986) おまけ

About Last Night / 日本未公開 (2014)」としてケビン・ハートとマイケル・イーリーがリメイクしたので、その前に予習。公開当時...というか、後になってビデオで高校生の時に見た。その後に20歳そこそこで9歳も年上の男と付き合った時に、その男がやたらとこの映画がナンバーワンだ!と言っていた。正直「はあ?」って思ってた。若かったので、黒人のくせになんでこの映画が一番なんだよ!とも思った(今はそうは思わないよ)。若かったね、私も... 今になって見てみると、さすがに1番じゃないけど良い!

この頃のデミ・ムーアロブ・ロウって、スクリーン上の最高のカップルだったよね!この映画のラブシーンとか最高!デミのおっぱいも今と違って自然体で良い。そして2人は「セント・エルモス・ファイアー」では恋人同士じゃないんだけど、バーのシーンとかはお似合いだったよね。ロブ・ロウメア・ウィニンガムは無理がある。まあその無理感がおとぎ話ぽくて良いんだけど。と、やっとこの映画でロブ・ロウと結ばれてくれた!という感じ。でも実際には「セント・エルモス・ファイヤー」で共演したエミリオ・エステベスとデミは付き合ってたんだよねー。いや、エミリオとも「ウィズダム」という最高の映画を作ってくれていていいカップルだった。今でも共演出来ちゃう位だしね。でもやっぱりスクリーンで見る80年代のベストカップルといえば、デミ・ムーアロブ・ロウの2人。2人共に、まあ正直言って、80年代的派手さがあるよね。完全にハイになってますよーっていう。分かるかな?ザ・80年代!!なのよ、2人は。80年代の象徴。その2人がデビット・マメットの洗礼された戯曲にぴったりとハマッた。デミといえば奔放で尖がった役がお似合いだったけど、この映画ではとっても洗礼されている女性を演じている。一夜だけの女なんて、男は本気にならないわよ!って割り切っている所が見事。サバサバしていてガッツついてないし、引き際も見事。だから男は追いたくなっちゃう。今のデミにもそれだよ!って... 引いて追いかけてこないようなら、諦めた方が良い。それはもう彼にとっては無理っていう証拠。っていうのを分かってない人は多いよね。私も若い頃はそうだったー。でもさ、自然に引ける時がやってくるさ。今の夫の時がそう。自然に引いたね。っていうのを思い出させてくれる映画。

アメリカの祝日で、どれだけの時が2人に過ぎているのか分かるのも、この映画の好きな所。エドワード・ズウィックは苦手な監督の1人だけど、この映画だけは好き!というか、デビット・マメットと、デミ・ムーアロブ・ロウが良いんだよね。おーーーっと、忘れちゃいけない!ジム・ベルーシが良いんだよねー。ミスター・ナンセンス!ロブ・ロウとのオープニングの会話が最高。ロブ・ロウのアパートにブルース・スプリングスティーンのポスターがあるのも、ザ・80年代だよねー。いやー、80年代やっぱり最高!!さ、リメイクは期待にこたえてくれるのかしら?ロブ・ロウ→マイケル・イーリーは納得。文句無し!デミ・ムーアからジョイ・ブライアント...は、ジョイ・ブライアントがどれだけ思いっきりよく演じているかが鍵。ジム・ベルーシからケビン・ハートは、うんうん。でもケビン・ハートがいい所でちゃんと引いているかも鍵。レジーナ・ホールは無難にやってくれると思う!期待するなっていうのが無理だよねー。

(5点満点:DVDにて鑑賞)