SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Grown Ups 2 / 日本未公開 (2013) 1172本目

前作の「Grown Ups / アダルトボーイズ青春白書 (2010)」よりも点数が低くなったが、実際は前作よりも面白かった。前作付けたときに甘ちゃん過ぎでした事を反省します。今つけたら2点ちょい位。何か最近のアダム・サンドラーにハマらない。というか、前作はそんなにヒットしていないし、しかも一般からの評価も低かったのに、なんで続編作ったの?ってレベルなんだけど...

アダム・サンドラーサルマ・ハエックが演じた夫婦の家族は、ハリウッドから故郷に戻ってきている。昔の仲間(クリス・ロック&ケビン・ジェームス&デビット・スペード)とも相変わらず仲良し。でもそれぞれが家庭で悩みや問題を抱えていた。けれど今日は夏休み前の最後の学校!という事で、ちょっと浮かれ気味。昔遊んだ湖の崖に行くと、大学のフラタニティの連中に占領されており、おじさん達は全裸で崖から飛び込む事になり...

今回は大人たちvs大学のフラタニティの対決。大学生にテイラー・ロートナーとかマイロ・ヴィンティミリア等の若い子に人気の俳優を起用。テイラー・ロートナーに至っては、得意のアクションも見せてます。そしてシュワちゃんの息子でイケメンとの噂のパトリック・シュワルツェネッガーまで参加!でも今回出演した人の中で一番目立っていたのが、そのデカさもあってか、元NBA選手のシャキール・オニールでしたね。なぜか元SNLのティム・メドウズの弟役。あ、アンディ・サムバーグも面白かったけど、散々CMで観ちゃったので本編ではその面白さ半減。

夏休み記念で80年代の仮装でパーティするんだけど、そこは面白かった。黒人はプリンスになりたがる!ホール&オーツも面白かった。ケビン・ジェームスがミートローフなんだけど、言わないと全然分からないし。男ぽい女の人が変装した人も上手い。でも、このシーンはきっと私が80年代大好き女だから面白かっただけだと思う。なんか全体的には下ネタが多くて、しかもつまらない。笑える下ネタじゃないんだよねー。やっぱり最近のアダム・サンドラーはすべっていると思います... クリス・ロックもね。クリス・ロックは、HBOでやっていた「クリス・ロック・ショー」を今すぐに復活すべし!っていうか「Everybody Hates Chris」も面白かったのに、終わってしまって残念。

もっと外しているかと思っていたけど、そこまで外してはなかったかなー。何しろ、クリス・ロックの末っ子を演じた子が一番面白かった!彼の80年代の仮装も中々... つーかさ、前作で仲間だったロブ・シュナイダーがスケジュールが合わなかっただけで、外されているのが、ひじょーーーーに可哀想。大事な仲間じゃなかったの??っていう所も、この映画の残念な所。

感想やあらすじはこちら

(2.5点/5点満点中:11/10/13:DVDにて鑑賞)