SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

High Flying Bird / ハイ・フライング・バード -目指せバスケの頂点- (2019) (VOD) 1676本目

普通じゃないNBA映画『ハイ・フライング・バード』

私のツイッターをフォローしてくださっている方はご存知だと思いますが、私は現在オクラホマ・シティ・サンダーというチームが死ぬほど好き。ここ何年かは予定が無い限りほぼ82試合リアルタイムで観ている。今年は最初の方は日本への里帰りなどしていたので、1試合は見逃した。でも去年は全部リアルタイムで観た!という位のご贔屓である。私がNBAチームにハマるのは今で2度目である。1度目は、ペニー・ハーダウェイが在籍していた頃のオーランド・マジック。映画『Blue Chips / ハード・チェック (1994)』を見て、ペニーが「コーチ、ホームシックです」というセリフを言った時に、恋に落ちた。でも、その前からNBAは好きだった。マイケル・ジョーダンの頃からチョイチョイ観ていたし、ニューヨーク・ニックスに在籍していたアンソニー・メイソンを応援していた時期もある。ペニーに恋した瞬間は憶えているけれど、バスケットボール自体を好きになった瞬間は憶えていない。それほど私には身近だったのかもしれない。という、バスケへの熱い気持ちを語った所で、今回のこの不思議なNBA映画を!

デトロイト・ピストンズ在籍のレジー・ジャクソンNBAのプログラムについて語っている。そして、スポーツエージェントのレイ(アンドレホランド)は、クライアントの1人であるNBAルーキーのエリック(メルヴィン・グレッグ)にお金の使い方について厳しく注意をしていた。しかしレストランを去る時に、レイのクレジットカードが使用できなくなっていた... NBAは今ロックアウト中で非常事態となっていたのだった。

最初から、若干分かりにくい。そして会話劇なので、更に追うのが難しい。しかもNBA映画なのに、気分爽快なダンクや華麗なパスなどのプレーを観られることもまずない。NBAの象徴であるプレーが、今日の写真のようにバックグランド的でしかない(写真のは厳密には大学NCAAの試合)。でもれっきとしたNBA映画なのだ。NBA映画らしく、現役選手のレジー・ジャクソン、カール=アンソニー・タウンズ、ドノヴァン・ミッチェルが出演している。そしてアメリカのスポーツファンなら知っているスポーツコメンテーターのスキップ・ベイレスとか、元NFL選手で今はスポーツコメンテーターのシャノン・シャープとかも出演。如何にもNBA映画にはありがちなカメオ出演が映画を盛り上げる。でも!やっぱりちょっと変わったNBA映画なのである。ドキュメンタリー以外のNBA映画となると、この前の『Uncle Drew / アンクル・ドリュー (2018)』や、ウーピー・ゴールドバーグ主演の『エディー 勝利の天使』みたいなコメディが主流だが、硬派なドラマ作品なのが珍しいと思った。架空のロックアウト中という出来事を描き、NBAやスポーツエージェントの裏を描いていて、最後はまるでスタイリッシュな強盗映画を観たかのような「してやられた」感というか、逆にレイの立場になって「やってやりました」という爽快感をも味わえる。『オーシャンズ11』のスティーブン・ソダーバーグ監督らしい映画。『Moonlight / ムーンライト (2016)』の原案となった舞台の劇作家タレル・アルヴィン・マクレイニーの脚本。他では味わえない何とも摩訶不思議なNBA映画を2人が生み出した。

OKCサンダーファンとしては、レジー・ジャクソンが元チームメイトのラッセル・ウェストブルックのことを「自由で楽しそうにプレーしているのに、それが成功につながっている稀有な選手」と語っていて、涙出そうになりました。レジーがOKCを去った時に、2人には色々とあったので、まさかそんな風に褒めるとは!私はOKCに居た頃からレジー好きだったよ。今の活躍も嬉しく思う。

と、やっぱり普通にNBA映画なんだなーと思ったり。何はともあれ、主演のアンドレホランドが良かった。彼にはああいう役が合う。いかにも仕事が出来そうな聰明で賢い感じだからこそ、最後の「やってやりました」という爽快感に繋がっている。そういう引き出しのあるこの年頃の俳優が居て嬉しい。

一見全然NBA映画じゃないんだけど、意外としっかりとNBA映画。

www.blackmovie-jp.com
(4.25点:1676本目)