SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

アラン・ウィークス

アラン・ウィークスという名前を聞いて、顔が出てくる日本人はまず居ないと思う。だけれど、もし貴方がブラックスプロイテーションのファンであるならば、必ず彼の顔を見ている筈なのだ。主役ではなかったので、彼の名前を覚える事はなかった。しかし、ウィークスは「良質」なブラックスプロイテーションにしていた。彼が出演すると良質になるのか、どうなのかは分からない。とにかくウィークスはブラックスプロイテーションの最高級品に出演していたという事だけは証明されている。
デビュー作は『Shaft / 黒いジャガー (1971)』。
この映画が、ブラックスプロイテーションにとってどれだけ大事かなんて事は書かなくても、もう皆さんご存知だと思う。

Willie Dynamite / 日本未公開 (1974)』にも出演。
こちらはクレジットなしの小さな役。私はこの映画こそがブラックスプロイテーションの最高傑作だと思っているし、信じている。

Black Belt Jones / 黒帯ドラゴン (1974)』。
こちらも説明不要。ジム・ケリーのアレ!で通用する人気の作品だ。

Truck Turner / ブラック・ハンター (1974)』では、主役アイザック・ヘイズの相棒役。
上の3作に比べるとそこまで重要視されていない作品だが、『スター・トレック』のウフーラ事ニシェル・ニコラスが娼婦の元締めで娼婦たちに悪態付きながら平手打ちするという名シーンがカルト人気の作品だ。

ちなみにウィークスは『フレンチ・コネクション』ではジーン・ハックマンに追いかけられている!

しかしブラックスプロイテーションの衰退と共に、ウィークスのキャリアも活気を失った。そんなウィークスは実はブロードウェイ俳優でバーブラ・ストライサンドの映画化までされた代表作1964年の『ファニー・ガール』の舞台にも立っており、ブラックスプロイテーションが無かった80年代にはそのブロードウェイに戻っていた。実は正統派俳優だったのだ。

晩年は学校の先生として演劇を指導。ラッセル・セージ大学で准教授もしていたようだ。特に子供たちの育成に力を注いだようで、キャピタル・レパートリー劇団で10年間、子供たちへのプログラムを指導していた。

そんなアラン・ウィークスが、10/10にニューヨークのイーストナッソーにて脳動脈瘤にて他界した。享年67歳。

良い作品の数々をありがとうございました。安らかに。

Alan Weeks Dead: 'French Connection' Actor Was 67 | Hollywood Reporter