SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Black or White / 日本未公開 (2014) 1385本目

この映画でアンソニー・マッキーアンドレホランドが共演している事なんてすっかり忘れていたよ!!私にとっての『バットマン vs スーパーマン』的な共演さ。まあ選べない!どっちも好き。この世代に本当に頑張って欲しいのです!!という訳で、アンソニー・マッキーオクタヴィア・スペンサー演じるウィー・ウィーおばさんの甥で凄腕弁護士のジェレマイア役。アンドレホランドはウィー・ウィーの息子のレジー役。ダメ息子。過去にはドラッグや犯罪に手を染めており、シアトルで立ち直ろうとしている。23歳の時に17歳の女性と付き合い、女性は妊娠するも逃げちゃう。その女性の父親がケビン・コスナー演じる弁護士のエリオット(エリオット!!アレだね、アンタッチャブル)。エリオットはレジーに対して憎しみだけ。っていうのも娘は元々心臓に疾患があり、出産の時にそれが原因で亡くなった。出産の時にはエリオットと妻がハブられたので、医者にそれを伝える事も出来なかったのが原因。レジーは顔も見たくない存在。実際にシアトルに居たので見ずに済んだ。そして娘が残した孫のエロイーズをエリオットたちが育てている。しかし妻が突然亡くなった。そうすると、ウィー・ウィーはエリオット1人ではエロイーズを育てる事など出来ない!と親権を争う事になるんですね。エリオットはお酒の問題を抱えていたので。

という事で、孫のエロイーズはミックス。ブラック・オア・ホワイト?イット・ドント・マター・イフ・ユーアー・ブラック・オア・ホワイト♪ってな訳ですよ、詩が逆になっちゃったけど。子供にとっては正直どっちでもいい。ただ環境は変えたくないよね。この映画で重要なのが、エリオット。彼は決して差別主義者なんかじゃない。人を皮膚の色で判断なんかしていない。ただ純粋に娘を傷つけたレジーを人間として嫌っている。そしてそれによりついつい出てしまった「Nワード」。憎しみ故。それでもウィー・ウィーはうちの息子はアンタが思っているような男じゃない!と言い張る。実際にレジーは失敗はするが、性根は腐っていない。やっとエリオットもそれが理解出来た時に... って事はやっぱりどこかでエリオットは色眼鏡で見ていたのかも?ってちょっと思ってしまいましたね。

タイトルは「ブラックか?ホワイトか?」ですが、この映画では色んなものを対立させていると思う。持つ者と持たない者。男と女。女と女。男と男。そして文化と成功... 黒人側がいかに自分たちの文化や歴史を大事にしているのかも分かる。ここで描かれた白人は成功と教育が第一。

ちなみにこの映画、スパイク・リー映画でお馴染みのテレンス・ブランチャードが音楽を担当。彼の音楽が掛かると、とたんにスパイク・リーの映画に思えちゃうのが面白かった!やっぱりスパイクと言えばブランチャードだよね。でもマイク・ビンダーとは合わない。って、マイク・ビンダーはこういう人間ドラマじゃなくて、早く『ブランクマン2』を作るべき!

という訳で、この映画ではちょっとだけアンドレホランドが一歩リード。ダメ男だけど超熱演。スペンサーに3回もアレされて可哀想。まあでもすぐにアンソニー・マッキーが全力で巻き返してくる筈!っていうか、ホランド・パパとマッキーおじちゃんがいるエロイーズちゃんが羨ましいじゃんかー!!!楽しそうだったわ、音楽演奏したり、プールで遊んだり、いつも一杯の人が居て。

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:7/9/15:DVDにて鑑賞)