SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

4 Little Girls / 日本未公開 (1997)

Cast >> Maxine McNair, Chris McNair, Helen Pegues, Queen Nunn ....
Director >> Spike Lee
Producer >> Spike Lee, Samuel D. Pollard
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 5

4 little girls loss, 4 million tears
1963年アラバマ州バーミングハムの教会。いつもと同じ日曜の朝。住民は朝から教会に行く準備をしていた。4人の少女、アディ・メイ・コリンズ、デニス・マクネア、シンシア・ウェズリー、キャロル・ロバートソンもそうだった。4人はコーラスの準備をしようとしていた、その瞬間彼女たちの体は強い衝撃により飛ばされた。教会に爆弾が仕掛けられ、彼女たちはそれにより亡くなったのだった。スパイク・リー監督が残された両親や家族に当時と4人の少女たちの事を、およそ30年後に振り返ってもらい話を聞いているドキュメンタリー。

スパイク・リー構想10年。NY大の映画科に進んですぐの頃に、たまたまニューヨーク・タイムスでこの事件の話を読んで、まだ学生なのにこの映画を撮ろうと、デニス・マクネアの父親クリスに手紙を書いた事から、この映画の歴史は始まる。1983年の事だった。しかし、実績もないリーに対して、クリスは却下した。まだ話したくないという理由もあった。当たり前の事である。それから10年以上たち、リーは『ドゥ・ザ・ライト・シング』や『マルコムX』などで時を動かす映画監督へとなり、黒人の間で知らぬ者はいない程に成長。やっとこの映画が実現する事になったのだ。
この事件は当時キング牧師もかなり落胆した。4人の少女が教会という場で犠牲になった事は、キング牧師を苦しめた。スパイク・リーは亡くなった4人の少女のそれぞれの性格を明らかにする事で、この事件がいかに非道で最低な事なのかを改めて人々に突きつけている。4人の両親の喪失感ははかり知れない。そんな中で一人の妹がこの事件のせいで、パニック障害になっているのが、とても衝撃的だった。30年経っても未だに回復する事はない。

あの爆弾は、少女4人の尊い命を奪っただけでなく、彼女たちの家族や友人が十字架を背負って何十年も涙を流す事になったのだ。

(6/15/15:DVDにて鑑賞)