SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Horses of God / 日本未公開 (2012) 1340本目

アルカイダにISISにボコハラムにオウム真理教... テロ組織の一部。世界各地に存在している。大抵は信仰心が組織員の獲得に使われる(もちろんそれだけじゃないけど)。国家や別宗教・別宗派に対して憎しみを抱いている人々で、暴力によってそれを行使する人々だ。そんなテロ組織にいつの間にか染まっていた兄弟が今回の映画の主役。北アフリカの地中海に面するモロッコカサブランカが舞台。そう、あの名作『カサブランカ』のカサブランカ。どこの都市もそうであるように、高級住宅地域とスラムできっちり分かれている。そしてそのカサブランカで2003年に起きた自爆テロを元に制作された。脚色や変更などがされているので、全くその事件を描いた作品とは言えない。しかし、なぜ人々がテロ組織にハマってしまったのが、非常に上手く描かれている作品。モロッコがこの作品をアカデミー賞の外国語部門に出展したが、ノミネートには至らなかった。しかし、カンヌ映画祭やルミエール賞などで賞を獲得している。

1994年7月。モロッコカサブランカのスラムの一角の広場で、ヤシン少年は友達と共にサッカーを楽しんでいた。ゴールを守るヤシン。シュートが飛んでくるが、際どい所でヤシンは止めた。入った入らないでケンカになる少年たち。間に入ってヤシンを助けたのが兄のハミッドだった。収集がつかずに、ヤシンやハミッドと友達は一目散に逃げた。あれから5年、モロッコの国王ハサン2世が崩御。ヤシンもハミッドも青年へと成長していた。ヤシンは相変わらずサッカーに夢中で、やっぱり最後はケンカになって終わった。ハミッドは麻薬を売って家計を助けていた。そして警察に捕まった。ハミッドがいなくなった家はどんどん生活が苦しくなった。ヤシンは真面目にオレンジ売りをするも、全く助けにはならなかった。友人のツテで、ガレージ・ショップでの仕事を手に入れた。そして兄が戻ってきた。しかし戻ってきた兄は改心しているようだが、どことなくよそよそしい。家族との再会もそこそこにどこか別のところに行ってしまった。そしてヤシンが働くガレージ・ショップで事件が起きて、その後始末を兄のハミッドとその仲間が引き受けてくれた。ハミッドはどうやらモスリムのグループに刑務所内で入っていたのだ。助けられた事もあり、ヤシンと友人たちはそのグループの会合に参加するようになったが...

と少年時をかなり端折ってまとめてしまいましたが、かなり時間を割いてそこも丁寧に描いております。って、ものすごく衝撃的な事が起こるのだ!なんと兄が弟の友達を酔った勢いでレイプしちゃうの、弟やみんなの前で!私もさすがに「えぇーー!」ってなったわ。まあ被害者は可愛い男の子。どこでもやっぱり可愛い子が被害者になってしまうのね。まあこの出来事も後々利いてくる。兄を慕いながらも、どこか反発しているのは、これが大きいと思うんだよね。そして青年期になって必死にその友達を守ろうとしたのも、この時の後悔が大きいのだ。

そしてモロッコの歴史も盛り込まれている。国王の死にその息子の国王即位。毎回時が変わると○○年○月と出てくるんだけど、この時は出てこなかった。けど英語字幕枠で出てきた。モロッコの人にはわざわざ入れる必要がないんだろうね。そして世界を揺るがしたアメリカで起きた911。この後に、モロッコでは宗教的な理由でアルカイダを支援しろという集団が出てくる。なんか一気にモスリムの国々の雰囲気が変わったのが分かるんだよね。

ヤシンやその友達たちが、どんどんとその集団にハマっていく。小さい頃から見ていると、そこまで宗教心は強い方じゃなかったと思う。けど色々な要因が、彼らをそこに引き寄せる。仕事がないとか貧乏とか兄弟の因縁とか母親に捨てられたとか、色々。そこに行けば役割があったから。そんな青年たちは、殉教者に選ばれてしまう。「お前らは神の馬たちで、楽園の門が開いてお前らを待っている。アラーがお前たちを殉教者として迎えてくれる」と。

そしてヤシンは小さい頃から1人の女の子に心を奪われているけれど、中々言い出せない。彼女の家族もヤシンみたいな貧しい男じゃなくて、いい所に嫁いで欲しいので、ヤシンに冷たい。兄はヤシンの友達で仲間なのに!なので自爆する時に、彼女悲しんでくれるかなーなんて、超切ない事を言ったりします。って事は、女を知らずに自爆したって事なんですよね。あー、楽しい時期を切ない...

なんていうか、若さと無知と環境ゆえ「神の馬たち」は搾取されたんだよね。大事な命を。彼らを小さいころから追ったからこそ、とても辛いのだ。

感想やあらすじなどはこちら

(4.75点/5点満点中:2/25/15:ストリーミングにて鑑賞)