SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Furious 7 / ワイルド・スピード SKY MISSION (2015) 1345本目

さてと、ここに書くのは遅れてしまいましたが初日に行って参りましたよ。始まる前からどうポール・ウォーカーを送ってあげるのかが気になっていた。男気があって情に厚いヴィン・ディーゼル兄ィなので、きっと素晴らしい形でとは思っていたけれど、こんなに美しく送っていたとは!と、涙が止まらず。目を真っ赤にして家路につきました。この映画は多種多様な人種に愛されているという事だけど、私が見たときはなぜか60オーバーな白人の婆さまたちが多かった!私の後ろも横も白髪のお婆さま集団。後ろの婆さんは、ロック様がかっこ良かったシーンで興奮したのか、思わず私の椅子を蹴ってました。このぉ!最後になると滅茶苦茶興奮してきて、きゃーきゃーうるさいのなんの!婆さまたちを興奮させるこの人たちは凄い!と思いましたよー。60過ぎの女性がこの映画を観る選択した事が驚きですけどね。メリル・ストリープばかり観ているかと思ってましたよ。

なんだか戦跡のような病院。前回の戦いでオーウェン・ショウがベッドに横たわっていた。その姿を見て憤慨する兄のデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)。弟をこんな目に遭わせた野朗たちを許さねー!と、更に病院の人々をメッタメッタにやって病院を後にする。そんな頃、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)とレティ(ミシェル・ロドリゲス)は、カーレース場に居た。レティは難なく勝つが、その後にトラウマによりレース場を離れる。ブライアン(ポール・ウォーカー)は、ミア(ジョーダナ・ブリュースター)と共に普通の暮らしをしていた。どこか昔を懐かしむ所はあった。ミアもそれはお見通しで不安に感じていた。そしてドミニクが訪ねていた彼らの家で爆発が起きた。東京からの荷物だった。彼らは危機一髪でその爆発から逃れる。ドミニクはそれがデッカードの仕業である事を知った。ドミニクはデッカードを追い詰め、あと一歩の所で逃がしてしまう。そこにやってきたのが謎の男(カート・ラッセル)だった。彼はLAの空軍基地にドミニクを連れていき、謎の男は「神の目」というどのインターネットシステムにも入れるものを探しているという。どうやらジャカンデ(ジャイモン・ハーンスゥ)というテロリストに渡りそうなので奪還して欲しいと頼まれる。もしそれが出来たら、デッカードを探すという。ドミニクは俺のクルーと一緒なら...という条件をつけるが、謎の男はもう既にクルーを呼んでいたのだった...

って、上のあらすじでロック様出すの忘れちゃったけど、最初の方でディカード、つまりジェイソン・ステイサムとやりあってますよ!何はともあれ、結局は車!車!車!タイトルに嘘はなーい!という事で、車アクション全快!そして車、とびまーす!一回じゃないからね?とびまーーーーす!色々ととびまーーーーーーーす!素晴らしかった。マンガぽい展開だけど、素晴らしかった。前々からこの映画では飛んでいた気もするけど、今回は本当に飛びますね。台詞でも「車は飛べないよ」なんて言わせておいて、「あい・びりーぶ・あい・きゃん・ふら〜〜い!あい・びりーぶ・あい・きゃん・たっち・ざ・すかーーい♪」でしたね。MJでも欽ちゃんでもないけど、しっかり飛んでました!そして、そこのシーンではタイリースがこの映画ではよりコミックリリーフになっていってましたね。最後笑ったけど。タイリースといえば、リュダクリス。出す出すといっていた52ブロックスが出たね!一瞬でしたけど。一瞬なのでお見逃しなく!というか、見逃す訳がないカッコいいシーンでしたけど!あれだけのために、滅茶苦茶トレーニングしているんですからね!!しかも過酷な。

で、ジェイソン・ステイサムがゾンビのように中々手ごわく神出鬼没に飛び出てくるのが面白かった!あいつ今までで最強!やたらと手榴弾を投げるボマー野朗!しかもステイサムに絡む男たちもヴィン兄ィにロック様と、みんな見事に禿げ!禿げ禿げしいんだよう!!まあみんなカッコいい方の禿げ代表だけど。

あと個人的にはカート・ラッセルの基地になっていたLAの空軍基地の中身を知っているので、あんな事になっていたのが笑えた。んな訳ない!狭いし。でもひょっとすると...とゾクゾクするね。

で、肝心のポール・ウォーカーですよね。もう本当に美しい最後でした。逆に、あ、こういう終わらせ方もあるんだなって。もうね、ヴィン兄ィのポールへの愛しか感じない!ほど。お陰で今のTVのCMで流れているヴィン兄ィの台詞「俺には友達なんていない。居るのは家族だ!」を聞くたびに涙が溢れてしまいます。それにしても綺麗なブルーアイズだなー。まあ今回のこの作品はポールのために作られた。そう言ってもいいでしょう。『エクスペンダブルズ』はジジイたちの戦場で、『ワイルド・スピード』は若者たちの戦場だと思っていたけれど、最後を見ると『ワイルド・スピード』組もいい感じでジジイになっていたんだなと思いました。でもジジイになりつつあるからこその長年の結束と愛が積み重なっているんですよ。ヴィン兄ィのお陰で、ポールは永遠に輝き続けるね。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:4/3/15:劇場にて鑑賞)