SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hit! / 黄金のプロジェクター (1973)

Cast >> Billy Dee Williams (Nick Allen), Richard Pryor (Mike Willmer), Paul Hampton (Barry Strong), Gwen Welles (Sherry Nielson) ...
Director >> Sidney J. Furie
Writer >> Alan Trustman, David M. Wolf
Producer >> Harry Korshak
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 3 音楽 >> 5

"I'm worker!"
ニック・アレン(ビリー・ディ・ウィリアムス)は葬式のために戻ってきた。ヘロインにより死亡した娘の葬式だった。娘はまだ高校生。怒りと空虚が彼を襲う。ニックは政府系のエージェントだった。それを生かし、娘を...そして多くの人を蝕んだヘロイン退治のため、ニックはヘロインによって息子を亡くした初老の夫婦、中毒者によって妻を失ったメカに長けているマイク(リチャード・プライヤー)、自身が中毒者である娼婦の女、言葉に長けている教授、そして警察官の知り合いを集めてヴィジランテを結成し、フランスのマルセイユに生息しているヘロイン最大のカルテルに挑むのだった!

『Lady Sings the Blues / ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実 (1972)』の監督&出演者によるブラックスプロイテーション!爆発!!ビリー・ホリディの自伝は真面目な伝記映画だったが、こちらは復讐・爆発・麻薬...とストレートなブラックスプロイテーションである。70年代にはキレっキレだった王子様のようなビリー・ディが、彼のそのイメージそのままに渋くフランス人のカルテルたちを追っていく。そしてリチャード・プライヤーはその前作ビリー・ホリディの映画で、俳優としての道を確立しようとしていた所で、リチャード・プライヤーのその勢いそのままな部分が台詞で多くみられる。「スーパー・×ガー」や、娼婦をからかうシーンなどは最高で彼らしい。それだけでなくて、役どころの切なさも兼ね備えている最高の助演だ!そして息子を失った老夫婦が頑張るのは、何となく『ポセイドン・アドベンチャー』を思わせてくれて、観客はこのヴィジランテに肩入れしてしまうのだ。
ただちょっと長い。2時間あるので間延びする部分が多く見られ、テンポが悪かったのが残念だ。

ビリー・ディの麗しい復讐劇。リチャード・プライヤーの軽快なトークと切ない演技。70年代の「やってやるぞ!」というイズムを感じる。

(12/23/14:ストリーミングにて鑑賞)