SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Top Five / 日本未公開 (2014) 1316本目

明けましておめでとうございます!2015年もよろしくお願いいたします。
という訳で景気良くいきますか!景気づけにはやっぱりクリス・ロックだよね!という事で、「な?なんで?」という言葉を無視して2015年も突っ張りたいと思います。っていうかさ、新年といえば、賑やかな芸人が「おめでとうございます〜、今年も余計に回っております〜」でしょ!今の世代は知らんが、私の世代はそうだった。初詣は紅白が終わってから出かけるものだったし、正月といえばお雑煮を食べながらの爆笑ヒットパレードだった。少なくても私の中ではね。という事で、その位賑やかなアメリカの芸人達が集まっているのが、この『Top Five』であります!!

アンドレ・アレン(クリス・ロック)は大人気のコメディアン。『ハミー・ザ・ベア』という刑事バディ映画で、クマの気ぐるみを着た刑事を演じ、3部作となる人気だったのだ。そんなアンドレが次回作に選んだのが、ハイチの奴隷が革命を起こし、白人を大量殺戮していったシリアスドラマの『Uprize』であった。今はそのプロモーションで大忙し。様々なプロモを仕掛けているが、あの大手の「タイム」誌がインタビューをしたいと申し出ていた。しかし、タイム誌の記者ジェームス・ネルソンにコテンパンに酷評された事があって、ぜーーたいに嫌だ!と断っていたが、今回は別の人物でタイム誌に載せて貰うのはいい宣伝になるからと渋々了承。やってきたのが、チェルシー・ブラウン(ロザリオ・ドーソン)だった。乗る気がないアンドレは適当に答えていたが、密着で1日を共にしている間に息通じるものを感じるアンドレ。しかしアンドレは3日後に、リアリティ番組で有名な女性エリカ(ガブリエル・ユニオン)との結婚が控えていた。アルコール中毒の時に救ってもらったと感じていたのだ。しかしその結婚もリアリティ番組とエリカによって仕切られており、ずっとカメラが追っていた。ふと気が和らぐのは、地元の仲間と話す時だけであった。そんな姿を見てチェルシーアンドレに気を許していく。そしてチェルシーはインタビューでアンドレに核心をつく。「なんでコメディをもうやらないの?なんでもう面白くないの?」と。アンドレが出した答えとは...

今までコメディアンを題材にした映画はそこそこある。ロバート・デ・ニーロ主演の『キング・オブ・コメディ』が一番有名かもしれない。面白い事ばかりを考え、面白い事ばかりを話すコメディアンなのに、なぜか悲劇が付きまとう。今回は名声を手に入れた上で起きる悲劇。しかもさらにクリス・ロックらしい「それが黒人だったらどうなるか?」がプラスされているのだ。最近のタイラー・ペリー問題も実に面白く皮肉っていて心地よく最高なのだ!この映画は『恋人までの距離』よろしく、アンドレチェルシーの会話で物語が成形されていく。その『恋人までの距離』に出ていたジュリー・デルピークリス・ロックが共演した『2 Days in New York / ニューヨーク、恋人たちの2日間 (2012)』の時には、悪くないけど、こういうクリス・ロックが見たい訳じゃないんだよねーと思っていたけど、無駄じゃなかったね!クリス・ロックはやっぱり自分主導で進ませると、彼の面白さが数百倍アップして最高だ。この映画でのアンドレチェルシーの会話で好きなのが、『猿の惑星(1968)』とキング牧師の暗殺の関係性について。帰ってきて調べたら、『猿の惑星』は本当に1968年4月3日上映開始だった!まあその日付が意味するのは、キング牧師を知る人なら、マジか?と思うに違いない。また猿の...っていうのがね。そして喜劇王チャップリンKRS-Oneグランドマスター・フラッシュに例えたりするのが、クリス・ロック風。まあでもタイトルになった『Top Five』の所がこれまた最高だよね。みんなで好きなラッパーのトップ5をワイワイと言い合う。我が家もよくやるやつ。映画見るとまた改めて考えたくなるの!

最初にちょっと書いたように、クリス・ロック周辺のコメディアンが賑やかに多数カメオ出演ウーピー・ゴールドバーグやジェリー・サインフェルドアダム・サンドラーは本人として出演し、アンドレにアドバイス?する役。仲良さそう。他にも絶好調男ケビン・ハートやセドリック・ジ・エンタテイナーに事故が心配なトレイシー・モーガン、そしてサタデー・ナイト・ライブ組みからマイケル・チェにジェイ・ファロアにレスリー・ジョーンズも出演。『Pootie Tang / プーティ・タン (2001)』ではナレーション的な役目もしていたJB・スムーヴが、クリス・ロックの最高の右腕となっていて、最後ちょっと泣ける!

そして音楽がこれまたクリス・ロックぽくていい!なんていうか、クリス・ロックデイブ・シャペルはヒップホップ世代のコメディアンだよね。私が大好きなデーモン・ウェイアンズとはまたちょっと違う。デーモンにはポップなR&Bが良く似合う。クリス・ロックがHBOでやっていた『クリス・ロック・ショー』、そしてデイブ・シャペルがやっていた『シャペルズ・ショー』もヒップホップが良く似合っていた。だからか、この映画の冒頭からジェイーZとKanye Westの「Ni**@# in Paris」!もう最初からテンション上がる。途中でジャズだったりするのも最高!そんな音楽を担当したのが、ザ・ルーツのクエストラブ。ラブさん、最近やりますわ!ディアンジェロの新譜といい、いい仕事をやり過ぎる!で、この映画のトリとなるゲストがあのラッパーですし!って、ラストが最高なのよね、この映画。あの話を最後にそう落とすか!みたいな。落語じゃないけど、こりゃ一本取られましたな!的な上手い終わり方。あれを最後までじっくり見せずにあそこでああいう形で終わらせた事に、クリス・ロックが成熟した事を感じましたわ。なんていうか、日本の月9ドラマぽい内容ではあるけれど、最高だ!

という訳で、私が大好きなヤヴァイ位に面白いクリス・ロック様、お帰り!!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:12/28/14:劇場にて鑑賞)