SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

クリス・ロックの現在地『クリス・ロックのタンバリン』

スタンダップコメディにおいて、クリス・ロックという名前を聞くと、「いよっ、真打登場!」そんな感じがする。今現在は、デイヴ・シャペルにケヴィン・ハートが有名だけれど、クリス・ロックは90年代終盤からゼロ年代初頭において、時の人的なコメディアンだった。クリス・ロックは、『サタデー・ナイト・ライブ』から人気と思われがちだけど、そこまで『SNL』がクリス・ロックを人気にした訳じゃない。実際にクリスは『SNL』が嫌で嫌で仕方無く、わざと首になった程。黒人の人ならば、『I'm Gonna Git You Sucka / ゴールデン・ヒーロー/最後の聖戦 (1988)』のリヴを買いに来るあのワンシーンだけでだいぶお馴染みになっていた筈。そして彼の人気を決定づけたのはもちろん『New Jack City / ニュー・ジャック・シティ (1991)』だし!スタンダップコメディアンとしては、自身初のHBOスペシャル『Chris Rock: Big Ass Jokes / 日本未公開 (1994)』で人気だったが、一番人気を決定づけたのは『Chris Rock: Bring the Pain / 日本未公開 (1996)』だ。そして『The Chris Rock Show / 日本未放送 (1997-2000)』でクリス・ロックは完全に時の人となった。

サンダーキャットの「Them Changes」が流れる部屋。人々が談笑する中、クリス・ロックが椅子に座った後ろ姿が映される。故郷ニューヨークのブルックリンの舞台にクリス・ロックが登場する。いきなり、社会問題となっている銃乱射による事件について語っていく。もちろんやり玉に挙げられるのは白人加害者。冒頭からジャブの連続。しかし、クリス・ロックも有名となり昔の頃とは違う心情があるのも当然で、警官に対する考え方が実に率直だった。「黒人だから、やっぱりファッ×・ポリス!と思う。でも今は土地や車など財産を所有していて、何か盗まれた時に呼ぶのはクリップス(青い方のギャング)じゃない」とか... 割と時事が多い。でも他のコメディアンと違って、トランプをこき下ろすという事は無かったのが意外だった。名前出たのは数回...3回もあったかな?という程、名前が出てこなかった。でも、名前を出さずに、かなり強烈に批判はしていた。あの学校のいじめっ子にトランプを対比させた話は上手かった。そして最後は下ネタ。やはりクリスも年を取ったというネタで笑わせてくれる。

クリス・ロックをはじめとするアメリカのコメディアンは、実体験の苦しみとか疑問をコメディにするのがやっぱり上手い。クリスは離婚を通して、自分が常にリードシンガーではなくて、たまにはタンバリンを叩く役にならないといけないと学んだそうだ。あの大オチを聞く限り、確かにクリス・ロックは年を取ったけれど、タンバリンを片手にまだまだ現役。だって、ラストはプリンスの官能的な「Tamborine」が流れるんだから。自分の役割・位置を以前にも増して理解しているだけの事。そしてやっぱり...面白いんだよね。ここ最近のでは一番笑った。もしスタンダップコメディの世界にも階級があるならば、やはりクリス・ロックは真打だ。「いよっ、真打ち登場!」その掛け声が相応しい。

Chris Rock: Tamborine / クリス・ロックのタンバリン (2018) (VOD)(4.5点:1626本目)