SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Tracy Morgan: Black and Blue / 日本未公開 (2010) (TV)

Cast >> Tracy Morgan
Director >> John Moffitt
Writer >> Tracy Morgan
Producer >> John Moffitt, Pat Tourk Lee
Genre >> Stand-Up
Country >> USA

総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> N/A

"2 extra Pies. Wink!"
サタデー・ナイト・ライブ」や「30 ROCK/サーティー・ロック」等で知られるトレイシー・モーガンスタンダップコメディ・ライブのHBOスペシャル!

トレイシー・モーガン。黒人コメディアンは中々スポットライトを浴びない「サタデー・ナイト・ライブ」で、エディ・マーフィまでとは言わないけれど、「SNL」の黒人コメディアンの中では、エディ、クリス・ロックに続いて注目を集める事に成功した黒人コメディアンである。そしてエディの伝説「エディ・マーフィー/ライブ!ライブ!ライブ! (1983)」により、黒人コメディアンにとってHBOスペシャルは特別である。昔は多かったが、最近では余りその機会に恵まれる事は少ない。そんな幸運な一人に選ばれたのが、モーガンだ。しかもニューヨーク出身のモーガンにとって、地元のアポロ劇場で出来た事は特別な意味を持つ。観客は白人客が目立つ。きっとTV出演の影響だろう。そんな人たちから、盛大な拍手で迎えられたモーガンは思わず感極まる。しかし、モーガン節がタイトルから炸裂する。タイトルの「ブラック&ブルー」。ブラックはもちろん黒であり黒人である。そしてブルーは青だが、コメディでは主に下ネタの事である。舞台のセットもストリップ劇場の前でしゃべるモーガンとなっている。確かに下ネタが多いのだ。

トレイシー・モーガンというコメディアンを知るのに丁度良く面白い作品だ。

(3/3/14:DVDにて鑑賞)