SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Tracy Morgan: Black and Blue / 日本未公開 (2010) (TV) 1211本目

トレイシー・モーガン。「サタデー・ナイト・ライブ(以下SNL)」のレギュラーだったコメディアン。黒人には冷たいといわれるSNLでも、割りと存在感を出したコメディアンの一人。SNLで名前が知られるようになったけど、彼の人気を決定付けたのは「30 ROCK/サーティー・ロック」の方でしょう!同じくSNL卒業組みのティナ・フェイが主演・制作のTVシリーズ。その中でやりたい放題やっているのがモーガン。まあ実際にあんな感じ。やりたい放題。それが原因でトラブルもある。一瞬で終わってしまったけれどTVシリーズ「The Tracy Morgan Show」は面白かった!ジョン・ウィザースプーンとかキャット・ウィリアムスとか共演者に恵まれていたよねー。でも本当に一瞬で終わった!映画だったら主役の「Cop Out / コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら (2010)」も面白かったけど、私は「Head of State / ヒップホップ・プレジデント (2003)」の肉売りが好き!最高にくだらないもんね。でも出てくるタイミングとかたまらない!という訳で、そんなトレイシー・モーガンスタンダップコメディライブ。

劇場はニューヨークのアポロ劇場。そこに集まった観客は白人が多め。「サタデー・ナイト・ライブ」とか「サーティ・ロック」を見ている人たちであろう。だって多くの黒人はそれらを見てないだろうから。黒人の人々にとってのトレイシー・モーガンは「デフ・コメディ・ジャム」であろう。なので元々彼のスタンダップがどんな物か慣れている人たちだ。所が「SNL」や「サーティ・ロック」の人々はシチュエーション・コメディでのトレイシー・モーガンしか知らない。なので...イヒヒ(そういう観客は多い。ブラックコメディ界の御大ポール・ムーニーのライブでも同じだ!)。モーガンは、ストリップ劇場の前で話している...というセットで始める。彼の後ろには女の人たちの怪しげなポスターが張ってある。DMXの曲と共に登場。確かにモーガンDMXの曲と同じく、放たれたブルドッグだ!しかし、観客からの大量の拍手に迎えられ、思わず感極まってしまう。最初は有名になるとマクドナルドでいい事があるとか、そういう話。誰でも安心して聞いていられる。所がすぐにタイトルでもあるように「ブラック」の話になる。そしてオバマ大統領のディナーに呼ばれた話、メル・ギブソンのNワード騒動などなど... この辺で白人の観客がぽかーんとし始める。そしてもう一つのタイトル「ブルー」になっていく。スタンダップコメディでブルーといえば下ネタの事である。本領発揮である。またもややりたい放題である。

彼の糖尿病の話で、白人と黒人では糖尿病の言い方すら違うというのがある。白人の人々はグルコースとか新しい言葉を作るけど、黒人はシュガーで通じるというネタ。このネタ見た後に、私もとっさに「ブラッド・シュガー」という単語が出てしまい、白人の医者に「グルコース」と言われ、モーガンを思い出し思わず笑ってしまった。モーガンの笑いは日常に潜んでいる。

DVDなのでボーナス映像もあって、そこにあったタイガー・ウッズとかジャスティン・ビーバーのネタも面白かった!削除勿体無いー。

ちなみにトレイシー・モーガンのスタンダップライブ「Tracy Morgan: Bona Fide」がアメリカにてTV放映される予定!HBOスペシャルではなく、コメディセントラルらしいが...

感想はこちら

(4点/5点満点中:3/3/14:DVDにて鑑賞)