SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Inevitable Defeat of Mister and Pete / 日本未公開 (2013)

Cast >> Skylan Brooks (Mister), Ethan Dizon (Pete), Jennifer Hudson (Gloria), Anthony Mackie (Kris), Jeffrey Wright (Henry), Adewale Akinnuoye-Agbaje (Sergeant Pike), Jordin Sparks (Alice), Julito McCullum (Dip Stick) ...
Director >> George Tillman Jr.
Writer >> Michael Starrbury
Producer >> Rachel Cohen, Jana Edelbaum, Robert Teitel, George Tillman Jr.
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 4

Inevitable Defeat!
夏休みに入る前、ミスター(スカイラン・ブルックス)は試験で不合格の「F」を取り、密かに泣いた。先生に助けを求めようとするも、説教を繰り返されるばかりであった。家に帰れば、母グロリア(ジェニファー・ハドソン)は心あらず。政府発行の福祉カードで食べ物を買って来いといわれたが、もうそのカードの限度額を使い切っていて、店主に追い出され、出入り禁止となった。しかも母はなぜか韓国人の男の子ピートを家に入れていて、実際にはミスターが世話をする羽目になった。出かけた先のレストランで売春までする母の姿を見て、怒るミスター。しかしミスターにも一つだけ希望があった。8月にある子役オーディションで役を獲得すれば、ビバリーヒルズに行けるのだった。ミスターは映画を見て、多くの台詞を覚えている。絶対的な自信があったのだ。そんなある日に母親が逮捕されてしまう...

サンダンス映画祭で公開された映画の一つ。歌手アリシア・キーズが制作総指揮を務めた。「ソウルフード」にてブラックムービー界に新しい旋風を巻き起こしたジョージ・ティルマン監督。今回は大人たちのせいで人生を翻弄されている子供の成長を逞しく描いている。主人公のミスターは所謂ストリートスマートな少年だ。彼の環境がそうさせた。賢くて強くないとダメな世界なのだ。だけど、彼だってまだまだ少年。泣くこともあれば、失敗も沢山ある。そうやってミスターも少しずつストリートスマートになっていった。そんなミスターが怖いのが、施設リバービューとプロジェクトの警官だ。リバービューがどんな所か色々な噂を聞いているので、絶対に行きたくない。そしてプロジェクトを巡回している警官、特にパイク(アドウェール・アキノエ=アグバエ)の事はビビッていた。見つかるとリバービューに連れて行かれるからだ。

母親になれないグロリアと、子供なのに自分より小さい子を養育するという事を本能で知っているミスター。そんなミスターのひと夏の経験は、今までのどの映画での少年のひと夏よりも、美しい大人になるための夏だった。そう「当然の勝利」なのだ。

(2/13/14:DVDにて鑑賞)