SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

2 Days in New York / 日本未公開 (2012)

Cast >> Chris Rock (Mingus), Julie Delpy (Marion), Albert Delpy (Jeannot), Alexia Landeau (Rose), Alexandre Nahon (Manu), Vincent Gallo (Himself), Malinda Williams (Elizabeth) ...
Director >> Julie Delpy
Writer >> Julie Delpy
Producer >> Scott Franklin, Ulf Israel, Christophe Mazodier, Jean-Jacques Neira, Hubert Toint
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 3

Charming
芸術家でフランスからニューヨークにやってきたマリオン(ジュリー・デルピー)は、恋人ジャックと別れ、同じくビレッジ・ボイスで記事を書いているラジオDJのミンガス(クリス・ロック)と付き合うようになり、お互いの連れ子と共に4人と猫とで暮らしていた。マリオンの写真展の公開が近づく中、フランスからマリオンの父ジャノ(アルベール・デルピー)と妹のローズ、そしてローズの恋人マニュがやってきた。言葉や文化の違いから、徐々に亀裂が生じ、ミンガスとマリオンの仲にも亀裂が入っていくが…

主人公と同じくフランスからアメリカに渡り、映画人として立派に成功しているジュリー・デルピーの作品。コメディアンのクリス・ロックが相手役を務めた。「恋人までの距離」でデルピーを初めて見た時の印象通りの映画。芸術思考で会話が多い、そしてチャーミング。正直「恋人までの距離」を軽めのコメディにした印象すらある。でもデルピーは老いを隠す事もなく自然で、それがチャーミングだ。でも一番のチャーミングは、デルピーの父ジャノを演じた実際にデルピーの父でもあるアルベール・デルピー。このお父さんが何かをやらかす度に、ほほえましく思い愛しく思った。クリス・ロックは今までにないようなコンサバなニューヨークの男を演じている。スタンダップコメディでは包み隠すことなく何でも言うクリス・ロックが、このミンガスを演じている時にはジャノやローズに何も言い返せないのが、たまらなく面白かった。

私も国を超えた結婚をしているので、国の違いで板ばさみにされたマリオンの気持ちは痛いほど分る。そして分らないフランス語が飛び交う事でイライラするミンガスの気持ちも痛いほど分る。とってもチャーミングな恋物語ではあるが、会話のペースが速い上にフランス語と英語と混じってくるので、少々気疲れしてしまう。そしてそれと同じように物語が突然突拍子もなくガラリと変わる事もある。不思議な魅力を持つ映画だった。

(11/19/12:DVDにて鑑賞)