SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Top Five / 日本未公開 (2014)

Cast >> Chris Rock (Andre Allen), Gabrielle Union (Erica Long), Rosario Dawson (Chelsea Brown), J.B. Smoove (Silk), Kevin Hart (Charles), Sherri Shepherd (Vanessa), Romany Malco (Benny Barnes), Cedric the Entertainer (Jazzy Dee), Ben Vereen (Carl), Tracy Morgan (Fred), Leslie Jones (Lisa) ...
Director >> Chris Rock
Writer >> Chris Rock
Producer >> Eli Bush, Barry Diller, Scott Rudin
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 5

Tears of Clown
バディ刑事コメディ『ハミー・ザ・ベア』の3部作で大人気のアンドレ・アレン(クリス・ロック)であったが、次回作はハイチの革命戦争を描いた真面目作『Uprize』で喜劇俳優からのイメージの脱却を狙っていた。映画のプロモーションも兼ねて、あのタイム誌がインタビューを行いたいと言ってきていたが、タイム誌のジェームス・ネルソンの映画批評家に以前にコテンパンに批判された事もあって、アンドレは拒否していた。しかし今回は別のチェルシー・ブラウン(ロザリオ・ドーソン)なのでと説得されて渋々承諾した。日常のプロモをこなしながら、密着という形でインタビューに答えていくアンドレ。しかもアンドレには3日後にリアリティ番組に出演している婚約者エリカ(ガブリエル・ユニオン)との結婚が控えていたのだった。そんな中で、チェルシーの質問に答え、次第に自分を曝け出していくアンドレだったが...

クリス・ロック久々の自身のアイデアによる脚本と主演、そして監督となるコメディ映画。制作時は全くのインディペンデンスであったが、映画祭で上映されるやいなや好評となり、全国上映にまでこぎ着けた、クリス・ロック渾身の作品である。正直、私もここ最近の彼の作品について、この映画に出てくるタイム誌のジェームス・ネルソン並に酷評していた。でもこのような形で彼がそのアンサー映画を最高の形で作ってくれたのだから、書いてやっぱり正解なのだ。コメディアンでいる事の悲哀と喜びの両方が涙と笑いと共に表現されている。それでいて、コメディアンらしく、リアリティ番組や人種問題などの世の中の異常な状態を面白く皮肉っている。そしてラストで自分を回帰する場面などは、驚くくらい正直にそして素直にコメディアンを感情的に熱く描いている。

コメディアンとは?コメディとは?コメディアンを描いたトップ5映画で間違いない。ブリング・ザ・ペイン。これがクリス・ロック、いやこれこそがクリス・ロックなのだ!

(12/28/14:劇場にて鑑賞)