SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Whitney / 日本未公開 (2015) (TV) 1324本目

ホイットニー・ヒューストンを描いた映画。『Waiting to Exhale / ため息つかせて (1995)』で共演したアンジェラ・バセットが初監督で挑んだ作品。日本ですらホイットニー・ヒューストンを知らないなんていう人はいないと思うけど、万が一居るかもしれないので、いちようサラっと。ゴスペル歌手シシー・ヒューストンを母に持つホイットニー・ヒューストンは、実母だけでなく従姉妹もシンガーという音楽一家に生まれた。そんな環境の中で小さい頃からゴスペルを中心に歌い始め、母のステージに立つこともあった。14歳にして、バックアップシンガーとして活躍し始め、同時にモデルとしても活動し始めた。いくつかのレコードレベールが契約を申し出るも、母が高校を卒業するまではダメという条件を付けたので流れた。20歳になった頃に母のステージに立つホイットニーを見たクライブ・デイビス(先に会社の人に見に行くように薦められていた)が、大変気に入り、アリスタとの契約をする。2年後の1985年に発売されたデビュー作「そよ風の贈りもの」がいきなりのプラチナアルバム、そしてグラミー賞も2部門にて受賞する快挙となり、一躍スーパースターの仲間入り。音楽だけでなく、1992年にはケビン・コスナーと共演した『The Bodyguard / ボディガード (1992)』にてデビュー。こちらもいきなりの大ヒットとなり、ホイットニーが歌った「オールウェイズ・ラヴ・ユー」が大ヒットとなった。プライベートでは同年1992年にニュー・エディションのメンバーだった歌手のボビー・ブラウンと結婚し、娘1人を授かった。しかし2人は2007年に離婚。2012年、グラミー賞のパーティでのパフォーマンスの為にいたビバリーヒルズのホテルの浴槽にて、他界。享年48歳。この映画では、そのホイットニーの人生の中でも、主にというか、ボビー・ブラウンとの結婚生活ばかりが描かれている。この映画のオープニングから、そのボビーと出会うシーンからである。

1989年、ソウル・トレイン・アワードへの出席の為に車で向かっていたのがホイットニー・ヒューストン(ヤヤ・ダコスタ)と親友のロビン(ヨロンダ・ロス)だった。会場に着き、知り合いが前の席に座っていたので、挨拶していたが、その前の席の隣に座っていたボビー・ブラウン(アーレン・エスカーピータ)の椅子にガンガン当ててしまった。その後、会場内でボビーを見つけたホイットニーはその無礼な態度を謝った。ホイットニーが自分の名前を知っていた事に驚いたボビーとの会話が弾み、「今日から私はボビー・ブラウンのファンよ」というホイットニー。そこでボビーは「じゃあ、明日付き合ってくれるか?」とデートに誘うのだった。2人の関係は少しずつ進んでいく。しかしホイットニーのコカイン常習も進んでいくのだった...

と、本当にボビーとの事ばかり!監督のアンジェラ・バセットは、「ホイットニーとボビーはみんなが思う以上にお互いに影響を与えていたのよ!」と語っているが、ならタイトルは「ホイットニー」じゃなくて「ホイットニー&ボビー」にすれば問題なかったと思う位に、2人の事が描かれている。なんていうか、途中のラブシーンまでは「へー、そうなのか!」と普通の恋愛映画として面白く見ていたけれど、途中から「ん?待てよ??これはホイットニーの映画じゃないよね?」と思い始めてしまいました。ホイットニーの映画なら、小さい頃から歌っていた場面とか、ジャーメイン・ジャクソンとのレコーディングとか、クライブ・デイビスに見出される場面とかも観たかったのです!後、スーパーボウルの国歌斉唱の秘話とかさ、他のディーバであるアレサ・フランクリンとかチャカ・カーンとの関係とかさ!そしてボビーと関係を語るなら、ボビーが刑務所出てきた時に抱きついたホイットニーも再現して欲しかったよ。って、TV映画にそこまで求めちゃいけないのかもだけど、せっかくホイットニーの映画を作るならそこまで作りこんで欲しかった。しかもボビーとの関係も完全にボビー側からしか語られていない気がしたのも、なんだか納得いかない。あ、唯一ボビー以外の男として登場したエディ・マーフィも嫌な奴と描かれてましたわ。ボビー・ブラウンばかりが良い奴だったじゃないか!!ラブシーン以降は、完全にボビー・ブラウンがこの映画を乗っ取りました!ボビーの1人勝ち。

という訳で、ホイットニーの遺族から支援される訳はなく...楽曲も使えない。でもデボラ・コックスがホイットニーの曲を吹き替え。「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は圧巻。でも、やっぱりホイットニーじゃないんだな!似ていてもね。ホイットニーはやっぱりその歌声だものね。そしてラブシーンが大胆で凄かったけど、その時に使われていたのがレゲエ。放送に合わせてアンジェラ・バセットツイッターで実況していたけれど、ボビー・ブラウンを演じたアーレン・エスカーピータのリハーサルの吹き替えをやった男性が、アンジェラにデモを渡し、それが使われたらしい。いや悪い曲じゃなかったけど、あの時になんでレゲエ?って思ったのは、私だけじゃない筈。そしてボビーとホイットニーと言えば、今日の写真で使った「Something in Common」が私も最高に好きなので、写真のシーンは「きたーーーー」って感じだったのに、即効切られてCMだった...orz

実はこの映画の放送後すぐにボビー・ブラウンがホイットニーを語るインタビュー番組が1時間ほどあった。確かにボビーはみんなが思っているほど悪い奴じゃない。「絶対にそれ嘘だろ!」って事は確かに言うけれど、決してホイットニーを責めず、ホイットニーに関しては悪い事は口にしなかった。そこは認める。そしてホイットニーの死をニュー・エディションのラルフ・トレスヴァントがボビーに伝えたという話は、NEファンの私には号泣でした。NE 4 Life!

この映画で学んだ事があるとすれば、恋するホイットニーはみんなが思っている以上に可愛い!という事。ボビーのレコーディングをしたベイビーフェイスとかLAリードの名前を聞いて、ワクワクしているホイットニーが超可愛い!そして2人を自分のレコーディングでも使っちゃうホイットニーはさすがです!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.25点/5点満点中:1/17/15:TV放映にて鑑賞)