SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Neo Ned / 日本未公開 (2005)

Cast >> Jeremy Renner (Ned Nelson), Gabrielle Union (Rachael), Sally Kirkland (Shelly Nelson), Cary Elwes (Dr. Magnuson), Eddie Kaye Thomas (Joey), Ethan Suplee (Orderly Johnny) ...
Director >> Van Fischer
Writer >> Tim Boughn
Producer >> David E. Allen, Mark Borman, Valerie McCaffrey
Genre >> Romance

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 4

"Heart of Gold"
ネッド(ジェレミー・レナー)は、小さい頃に父親が逮捕され去り、そして母親とも離されて里親で育った結果、いつも家族を欲していた。だからホワイトパワーのブラザーフッドに入った。そして今は、黒人男性を踏みつけて殺した罪で、精神病院に収監されていた。そこに新しく入ってきたのがレイチェル(ガブリエル・ユニオン)だった。彼女は黒人女性でありながら、ドイツ語を操り、そしてヒトラーの生まれ変わりだと主張し、入ってきたのだ。はじめはそんなレイチェルを面白がりからかうネッドだったが、次第に心を開いていくが...

屈折し過ぎている恋愛映画。ネオナチの男が黒人でヒトラーの生まれ変わりと恋に落ちてしまう。そんなストーリーなのに、いやそんなストーリーだからか、一筋縄はいかない恋愛模様に、逆に心動かされてしまう、不思議な恋愛映画だ。バカというか、アホで一直線なネッドを演じたジェレミー・レナーが最高に魅力的で、必ずや観客の心を鷲づかみにしてしまう。色んな伏線も綺麗に回収されている物語もやっぱり魅力的。

この映画がいまいち知られていない事に悲観してしまう。このとんでもないストーリーは必ず観客を魅了させてしまう。ジェレミー・レナーの魅力と共に!

(11/4/14:DVDにて鑑賞)