SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

ATL: The Untold Story of Atlanta's Rise in the Rap Game / 日本未公開 (2014) (TV)

Cast >> Kilo Ali, Magic Mike, Shyran Blakley, Bone Crusher, LA Sno, Shanti Das, Jermaine Dupri, Waka Flocka Flame, Future, Maurice Garland, Young Jeezy, DJ Jelly, Lil Jon, MC Shy D, King Edward J, Ludacris, Killer Mike, Mojo, Raymond Murray, DJ Nabs, Big Oomp, KP, Rich Homie Quan, Raheem The Dream, Usher Raymond, Kasim Reed, DJ Kizzy Rock, Bobby Sandimanie, Speech, Greg Street, T.I., Toomp, Pastor Troy, Rico Wade, Dominique Wilkins, Joycelyn A. Wilson, Andrew Young ...
Director >> Brad Bernstein, Rick Cikowski, Brandon Dumlao
Writer >> Brad Bernstein
Producer >> Brad Bernstein, Rick Cikowski, Jeff Dixon, Brandon Dumlao, Ludacris ...
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 4 音楽 >> 5

"The SOUTH got something to say."
ジョージア州アトランタ公民権運動時にはキング牧師の活動の拠点となった南部最大の都市である。しかしNYにてヒップホップムーブメントが起き、西ではN.W.Aが台頭する中、アトランタを中心とする南部は出遅れ苦戦した。そのアトランタのラップの歴史を追うドキュメンタリー。

60年代の公民権運動時代から、アトランタには存在感をアピールする土壌があった。南部の最大都市は、その存在価値を全米にアピールしなければならない使命があったのだ。しかし、ヒップホップ生まれ故郷のNYや、N.W.Aのような西のように恵まれてはいなかった。存在感が無いので、尊敬すらされない。その中で、アトランタ最初のラッパーは苦しむ。2番目はNY出身。しかし、アトランタらしく地道にレコード店やミックステープ文化が根付いていく。しかしマイアミでは、2ライブ・クルーをはじめとするベースが生まれ、全国区となった。マイアミにも抜かされたアトランタ。しかし俺達はマイアミ・ベースじゃないと誕生したのが、アレステッド・ディベロップメントだった。アトランタの風土をそのままに今は主流となった歌とライムの融合で成功させた。しかし、まだまだアトランタの人々は自分達をそのまま反映したとは思っていなかった。その中で、ジャーメイン・ドュプリが出てくる。クリス・クロスを成功させ、ポップ的に大成功を収めた。ダラス・オースティンもTLCを大成功させ、街にはLaFaceというレコードレーベルが誕生する。TLCのリミックスを担当したオーガナイズド・ノイズがクリスマスソングを作れと言われ完成させたのが「Players Ball」だった。彼らはやっとこれこそがアトランタ産と胸を張っていえる曲が出来たのだった。そしてラップでは東と西とで揉めている時に、アンドレ3000が「俺たちサウスにも言いたい事はあるんだ!」とスピーチ。アトランタ・ラップのスローガンになったのだった。

アトランタにはアトランタの良さがある。アウトキャストが代表されるように、そのファンクネスに合う唯一無二のライム。キング牧師が連呼していたように「我々は打ち勝つのだ」というメッセージをそのままにした根性(または「風と共に去りぬ」の根性とも言おうか?)。サウスが言いたかった事、ここにしっかりとある!

(9/10/14:TV放映にて鑑賞)