SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Darktown Strutters / ファンキー・モンキー・ベイビー (1975) 1287本目

この映画、アメリカのアマゾンでも昔発売していたビデオで安くても$98で、2007年に出たブートレグぽい安いDVDでも$60にまで値上がりしているんだよー。っていうのが、マニアにはソソられるでしょ?最近、マメにTCM(ターナー・クラシック・ムービー)というチャンネルのスケジュールをチェックしている私は見つけたのですよ!どうもTCMはプチ・ロジャー・E・モーズリー特集したのかな?『Sweet Jesus, Preacherman / 日本未公開 (1973)』と続けて放送しやがった!早速録画〜、ファンキー・モンキー・ベイビーっすよ!

それぞれカラフルで派手な衣装を身にまとった4人の女性が四駆バイクを颯爽を走らせていた。その後を追うのが、オモチャみたいな車の天井を覆いつくすサイレンをつけたパトカーが彼女達を追う。海辺の休憩所に立ち寄る4人。警察官たちは彼女を追うも、4人は警察官にクリームたっぷりのパイを投げつけて、見事に逃げ切った。地元のワッツに戻ると、ライバルの男バイク軍団が、BBQ屋の駐車場でたむろっていた。女性チームのリーダーであるシレーナ(トリーナ・パークス)と男性チームのリーダーであるメロー(ロジャー・E・モーズリー)がバイク対決!途中クー・クラックス・クランの乗ったトラックに邪魔されるも、見事にシレーナが勝った。みんなでメローの家になだれこむ。そこで良い関係になるシレーナとメロー。しかしシレーナは突然行方不明になった母シンデレラ(フランシス・E・ニーリー)を探していた。BBQ屋のオーナーでもある、カーネルルイビル・クロス(ノーマン・バートールド)の所でメイドをしている知り合いに話しを聞きに行く。母だけではなく多くの黒人が行方不明になっていた。しかし警察官たちは相変わらず邪魔ばかりで、役にも立たない。シレーナは徐々に母への足がかりを突き止めていくが...

と、この映画の馬鹿馬鹿しさを上手くまとめようとしたのですが、無理でした... 言葉には出来ない馬鹿加減。制作はロジャー・コーマンの弟ジーン・コーマン。なんていうか、どうしてこの企画・脚本が通って制作されたのか謎なレベルなのです、私には。いやー、色んなブラックスプロイテーション見てきましたよ、私はこれまで。モテモテ男美容師が下のお世話までする『Black Shampoo / 日本未公開 (1976)』だって、それなりに面白い所があって、遊んでいた男が好きになった女性を守るのが良かった。『The Black Gestapo / 日本未公開 (1975)』も、ギョっと思わせるタイトルと冒頭はカッコ良かったし、コミュニティを守ろうとする意思は伝わった。しかし、これは...さすがの私でも呆れましたわ。この映画の存在意義を全く見つける事が出来なかった。普段なら、ブラックスプロイテーションの悪ふざけもそれなりに楽しめた。何かを訴えようとする意識があったからね。でもこの映画での、「二×ー・アラート」とか「ゲトー・アラート・マップ」とか、ブラックフェイスとか全く笑えなかった。もちろん、悪役のカーネルルイビル・クロスがKFCのカーネル・サンダースなのは分かるし、最後のクロスの大邸宅の庭での決闘は南北戦争のパロディなのも分かる。でも分かった所で面白くもなんとも無かったかなー。

とは言え、悪い所ばかりを書いてもアレなので... この映画では、「In the Rain」とかが有名なR&Bコーラスグループのザ・ドラマティックスが歌を披露したり(In the Rainではありませんが)、ザ・マッド・ラッズで知られるグループが、ジョン・ゲイリー・ウィリアムス・アンド・ザ・ニューカマー名義であの名曲「Don't Have To Shop Around」をアカペラで披露!これは映像見つけたので張っておきますね。歌は最高!この映像の最後の感じで、この映画のダメぷりがどんな感じか理解してもらえると思う。

あと特記すべきは、西のアポロシアターと言われた、クレンショー通りにある「マーヴェリック’ス・フラット」ね!とあるシーンで使われている。このナイトクラブ、LAの黒人史には欠かせない場所なのよ。最近、またリオープンしたらしい。パム・グリア嬢の自伝にも出てくるんだけど、パム嬢がカリーム・アブドゥル=ジャバーと出会い連れて行ってもらったのも、このマーヴェリック’ス。黒人たちの社交場だった。マーヴィン・ゲイやザ・テンプスなんかもLAに来たら、ここで歌っての。

というところは見所。まあ悪い所しかないゼロっていう訳じゃないよね。まあそれも映画の醍醐味ですな。前にロジャー・E・モーズリーについては、今度ゆっくりと書いていて、今回がその良い時期かな?とも思いましたが、もうお時間が来たようで。焦らすの、私。

感想やあらすじなどはこちら

(2.5点/5点満点中:10/2/14:TV放映の録画で鑑賞)