SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sabotage / サボタージュ(2014) 1267本目

別に書かなくてもいいかなーとも思ったんですが、日本公開はまだこれからという事なので少しだけ書きます。見たのは我らの泣き虫俳優テレンス・ハワードのチェック。ハロルド・ペリヌーも出ていました。不思議な髪型してましたけど。

ジョン(シュワ)が率いるのはDEA(麻薬取締局)の特別班で、彼らは覆面捜査とかもするジョンも合わせて9人の少数精鋭の家族みたいな班だった。モンスター(サム・ワーシングトン)に、紅一点のリジー(ミレイユ・イーノス)、シュガー(泣き虫君)、グラインダー(ジョー・マンガニエロ)、ネック(ジョシュ・ホロウェイ)、パイロマックス・マーティーニ)、トライポッド(ケビン・ヴァンス)、スモーク(マーク・シュリーゲル)、そしてジョン又の名をグラインダー(シュワ)の9人だ。彼らは難なく麻薬カーテルの基地であるお城のような要塞に入りこみ、彼らのお金から10ミリオンドルだけ頂いて隠す事にも成功させた。しかしその際にスモークを亡くし、しかも隠しておいたお金は既に誰かに取られていた。そこから彼らは捜査されるも何も証拠も出て来ずに、また現場に戻る事になった。しかし、何かが狂い始め、チームの一人一人が殺されていくのであった...その殺人事件を担当する事になったのが、キャロライン(オリビア・ウィリアムス)とジャクソン(ハロルド・ペリヌー)だったが...

まず書かないといけないのが、デビット・エアーが監督という事!彼らしい犯罪の生々しさやいやらしさが今回も沢山見られる。シュワの前作『The Last Stand / ラストスタンド (2013)』みたいな軽快さはない、ダークな作品。スリリングなアクションが多いですね。そこにシュワのリーダー格ぶりを被せてきてます。まあシュワが居ればなんとかなるでしょ!って感じで、実際になんとかなっている感じ。でも今までのシュワと違うのは、あぁ〜ん(テレビでお馴染みのピーなピンク声)なシーンが結構あるね。監督にも迷いとかあったのか、削除されたシーンが多かったみたい。DVDのボーナス映像の削除シーンにも面白いのが何個かあったね。シュワが全裸で倒れてたり...テレンス・ハワードが女性のあぁ〜んを鷲づかみにしていたり... なんか中途半端になっちゃった感じはする。シュワ&デビット・エアーのベストではもちろんないけど、さっき書いた通り、シュワが居るのでなんとかなっている感じの映画です!血は一杯出ます!出過ぎです!!

オフィシャルサイトはこちら

(3.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)