SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Paris Is Burning / パリ、夜は眠らない。 (1990)

Cast >> Carmen and Brooke, Andre Christian, Dorian Corey, Paris Dupree, David The Father Xtravaganza, Junior Labeija, Pepper LaBeija, Sandy Ninja, Willi Ninja, Venus Xtravaganza ...
Director >> Jennie Livingston
Writer >>
Producer >> Jennie Livingston
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 5

Sweet Dreams...
1987年ニューヨーク。時計は夜中の2時を回っていたが、活気溢れるダンス場があった。「ボール」と呼ばれている、LGBTの人々が美しさやダンスなどをウォークで競いあっていたのだった。そんなアンダーグランドな世界をカメラが追う。

NY大の映画科に通う女性が宿題のネタ探しで偶然に見つけた「ヴォーグ」。まだマドンナも「ヴォーグ」で踊る前の事。話しかけてみたら、ウィリー・ニンジャとボール文化にたどり着いた。彼女はこの映画作りに7年掛けた。この頃はまだまだAIDSやHIVなどにみんなが無知だった頃で、それ故にLGBTへの風当たりは強かった。そんな誰も近づかないようなサブカルチャーをカメラは追う。そうすると見えてくる物が沢山あった。出てくる全員が個性的であるが、やっぱり目を引くのは冒頭から出ている普通の2人の少年。15歳と13歳とまだ若い。13歳の子に至っては、父親どころか母親もいない壊れた家庭で育った。そんな子が説明する「ハウス」の存在。それに彼がすがる思いなのは、手に取るように分かる。

監督は数々の賞を受け成功させた一方で、ミスガイドだと批判もされた。しかし、あの頃誰が彼等の声と存在を発見し、その声を届けようとしたのか?この監督だけじゃないのか?

(6/11/14:DVDにて鑑賞)