SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

God Loves Uganda / 日本未公開 (2013)

Director >> Roger Ross Williams
Writer >> Roger Ross Williams, Benjamin Gray, Richard Hankin
Producer >> Roger Ross Williams, Julie Goldman
Genre >> Documentary

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 4

Neocolonialism
前作の「Music by Prudence (2010)」でオスカーのドキュメンタリー部門を受賞したロジャー・ロス・ウィリアムスが、アメリカの福音派キリスト教の伝道師達がアフリカのウガンダにてアンチ同性愛法に影響を追うドキュメンタリー。

アメリカの中西部カンザスシティにて、キリスト教福音派の教会である国際祈りの家(通称IHOP)では、ウガンダの孤児たちを救うという目的で、そこの教会に熱心に通う若者たちが準備を始めていた。「銃やナイフという物でなく、聖書で世界を征服するのだ」と牧師が熱ぽく語り、若者たちは陶酔しきっていた。そしてアメリカの東海岸ボストンにはウガンダキリスト教のリサーチをしていたザンビア人の牧師カプヤ・カオマが居た。彼はウガンダから逃れるようにアメリカにやってきたのだった。理由はひとつ。ウガンダLGBT活動の支持をしたからだった。アメリカにやってきて、彼はウガンダとIHOPと同性愛の権利についてリサーチしている。ウガンダの地で25年間も聖職についているクリストファー・センヨンジョは、ウガンダでは存在を否定されている同性愛者たちに語り掛ける。「貴方たちはありのままでいなさい」と。しかし彼もまた教会を首になったのだった。一方で、アメリカからやってきたIHOPの面々はアメリカの豊かさをウガンダの若者たちに見せ付ける。そして貧しくて彼等に物を売っている子供たちに言うのである。「神を信じれば、永遠の命が与えられるんだよ」と。

価値観の押し付けというよりも、一種の呪文のようだった。とは言え、そんな言葉を発したアメリカの若者たちも、「キリスト教徒として孤児を救う」という呪文にかけられているようだった。新しい植民地主義。恐ろしい。

(5/29/14:DVDにて鑑賞)