SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

サンダンス映画祭

もはやインディペンデンス映画祭とは思えない程、盛大に行われ、政治的にも利用されているのが、ロバート・レッドフォード主催のサンダンス映画祭。今年もユタのパークシティにて1/19から29日まで開催され、受賞作も発表された。そのまとめ。スパイク・リーの作品「Red Hook Summer / 日本未公開 (2012)」のサンダンス映画祭については、こちら

まずはコンペに出展している作品から!個々の作品のニュースと共にまとめます。

U.S. Dramatic Competition

シェルドン・キャンディス監督作品。初の長編作品で、ダニー・グローバーやチャールズ・S・ダットンという名優に加え、コモンを主演の1人に起用している。ボルチモアに住む11歳の少年の成長期。監督がボルチモアで成長した経験を映画に投影している。

監督がサンダンス映画祭のインタビューを受けている映像。
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

I Will Follow / 日本未公開 (2011)」を成功させたエヴァ・デュヴルネの作品。自分のコミュニティで観て来た事、そしてよく映画で男性が牢獄に行ってしまい、待っている女性達はどうしているのだろう?という疑問を、この作品で描きたかったと語っている。

監督がサンダンス映画祭のインタビューを受けている映像。
この作品はParticipantとAfrican-American Film Festival Releasing Movementが共同でアメリカでの上映権を獲得
そして監督のエヴァ・デュヴァルネが、US監督賞を受賞!黒人女性として初。1991年にジュリー・ダッシュがノミネートしている。
そしてエヴァ・デュヴァルネは、有力ブログのデットラインがこの映画祭からブレイクするだろう13人の1人に選んでいる
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

南部を舞台にした作品。女の子が南部のデルタ地区で成長していく過程を描く。

監督がサンダンス映画祭のインタビューを受けている映像。
この作品がなんとグランプリにあたる審査員大賞を獲得!また映画技師賞にも選ばれている。
主演を演じた女の子クヴェンザーネ・ワリス(Quvenzhané Wallis)が、有力ブログのデットラインがこの映画祭からブレイクするだろう13人の1人に選んでいる
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

US Documentary Competition

スパイク・リーの作品で長年編集を担当していたサム・ポラードの監督作品。大恐慌が襲ったアメリカで、南部では黒人の囚人達が奴隷同様に使われていた歴史。

監督がサンダンス映画祭のインタビューを受けている映像。
ハリウッド・レポーターのレビュー。開眼させられるとの評。
そしてプレミアでは約2分間のスタンディングオベーションがあったとの事。
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

World Cinema Documentary

  • 「The Ambassador」

デンマークの作品。白人の男性が中央アフリカの土地を買い占めた。
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

Shorts Programs

  • 「Fishing Without Nets」

ソマリアの海賊達の物語。ケニアの作品。
こちらの作品がショート部門の審査員賞を受賞!
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

  • 「The Hidden Smile (EL SOMRIURE AMAGAT)」

10歳のエチオピアの少年を追う。スペインの作品。
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

  • 「L Train」

自分勝手なティーンが猛吹雪中出会ったのが、そのティーンは実は自分勝手ではないのではないかと思う人と出会う。アメリカの作品。
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

  • 「Life and Freaky Times of Uncle Luke」

言わずとしれた2ライブクルーのルーク・キャンベルを追う。
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

  • 「Robots of Brixton」

アフリカ系移民が多く住むロンドンのブリクストンでは住民とロボットが共存していた。そこにロボコップ達が襲ってきた。実際のブリクストンの映像と上手く融合している。キブウェ・タヴァレスが監督。イギリスの作品。監督のブログで全編見れます。無茶苦茶いい!
そしてこちらの作品はショート・アニメーション監督部門の審査員賞を受賞!
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

そしてコンペからは外れたが、プレミア上映された作品。

クリス・ロックが出演。女優のジュリー・デルピーが監督・脚本・出演。
インディ系のマグノリアが権利を獲得し、全米では劇場公開となる予定。
レビュー。ザ・プレイリストの評価は中々。
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

女優のラシダ・ジョーンズが脚本と主演のコメディ。
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

スパイク・リーの最新作!詳しくはこちらで。
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

ゾーイ・サルダーニャとブラッドリー・クーパー主演のラブストーリー。この共演をきっかけに2人は実生活でも恋人同士に??
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

Doc Premieres

アイスTが監督に挑戦してまで伝えたかったラップの芸術。
こちらはなんと買い手がついて、早ければ今年の夏に全米で劇場公開される予定!
ダグ・E・フレッシュがアイスTにベストMCを語っている映像。
プレミアの様子を伝える記事
アイスTのQ&A。2019 Program Placeholder | Sundance Institute

New Frontier Feature

  • 「An Oversimplification of Her Beauty」

NYUに通う学生でテキサス生まれのテレンス・ナンスの監督作品。
テレンス・ナンスは、有力ブログのデットラインがこの映画祭からブレイクするだろう13人の1人に選ばれた
2019 Program Placeholder | Sundance Institute

Collection

ジュリー・ダッシュの名作が久々にサンダンスで上映。

こぼれ話など