SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Inevitable Defeat of Mister and Pete / 日本未公開 (2013) 1198本目

何かもう久々にニューヨークぽい映画だなって思った。最近のNY発で目立つ映画は、この前書いたばかりのアンドリュー・ドスンムとかのニューヨークに住むアフリカ移民の話が多かったからね。今回は、「にゅーよーく、にゅーよーく、にゅーーよーーーく♪」と、今やビリー・ジョエルに続くニューヨークを歌うピアノマン(ウーマン)のアリシア・キーズが制作総指揮。そしてニューヨークには縁もなんもないジョージ・ティルマン・ジュニアが監督。ちなみにティルマンはウィスコンシン出身で、彼の出世作で佳作「Soul Food / ソウル・フード (1997)」はシカゴが舞台。そしてそのシカゴ出身のジェニファー・ハドソンが今回の映画の母親役。

ニューヨークはブルックリンの学校に通っているのがミスター(スカイラン・ブルックス)。学校は夏休みに入る直前...という事は、終業式。9月からは新しい学年が待っている筈だった。しかし最後のテストで「F」を取ってしまったミスター。トイレで一人泣いた。しかもその泣いたトイレの壁には「楽しいひと時は、ミスターのママに電話しろ」と書いてある。しかもスペルは間違う程の低学年でもミスターのママの事は知っている。ミスターのママ(ジェニファー・ハドソン)は、麻薬中毒者でしかも売春までしている。帰りに先生に助けを求めるけど、先生は以前からミスターを助けようと放課後居残り等を言っていたが、ミスターは来る気配もなく、すっかり手助けを諦めていて、説教ばかり。思わず先生に「ファ×ク・ユー」と言ってしまうのだった。家に帰れば、ママは相変わらず麻薬の影響で心ここにあらず。そんなママに夜の食料買って来てと、福祉のカードを渡される。しかし、そのカードの限度額を使い切っており、店主に追い出され、出入り禁止。そのカードもお母さんが取りに来るまで渡さない!と、何も買えなかった。そして家にはなぜか韓国人の男の子ピートが居た。ピートはミスターよりも幼くて小さい。ママがベビーシッターでお金を貰ったかもしれないが、結局面倒を見るのはミスター。しかも夜ご飯も無い。ママに言うと、ご飯食べに行こうと言われ、行った先のレストランで売春までするママだった。そんなママの姿を見て激怒するミスター。でも、ミスターには一つだけ楽しみがあった。8月にある子役オーディションだ。ミスターは映画が大好きで、その映画の台詞を完璧に覚えて演じる事が出来たのだ。受かればビバリーヒルズに行ける。オーディションには保護者が必要で、ミスターはママにしつこくお願いしていた。しかし、ある日ママが逮捕されてしまい、ハウジングの警備員から上手く逃れたミスターとピート。2人きりの夏休みが始まる...

と、中々90年代初頭を思い出すような内容。ロサンジェルスが舞台だけど、少年がサバイバルしていくというのは「Fresh / フレッシュ (1994)」にも似ている。でも「フレッシュ」はサバイバルしていくのに犯罪に手を染めていくのに対して、こちらは本当に生命を掛けたサバイバルで生きていくのに必死。あれだ!ジャスミン・ガイが出ていた「Runaway / 日本未公開 (1989) (TV)」に似ている!こちらはNYが舞台で、そういえば障害者も出ていたのまで同じ。「Runaway」は自ら逃げ出してしまったが、こちらはお母さんが逃げ出してしまっている。でも、大人なんか信じられるか!と思っていた主人公が、ホームレスとの出会いで少し変わる。しかも少年に優しくする年上の女性が出てくるのも一緒。結構引き込まれてしまう物語。ミスターとピートがどうなるのか気になって仕方ない!ミスターは最初からガリガリなんだけど、そんな事忘れてガリガリだから心配になってくるの。でもDVDのボーナス映像を見ると、結末とか途中の部分でかなり制作側が悩んでいるのが伺える。かなり内容を変更している。

映画好きな少年ミスターが、ウィル・スミスや「ファーゴ」(ミスターは若いのにファーゴが大好きでポスターまで貼っている)の真似をしていくのも、映画好きの心をくすぐる。しかもミスターはジャンキーでラリっている自分のママのモノマネまで無邪気にやってしまうのだった!あのシーンは最高!子供ってそうだよね。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:2/13/14:DVDにて鑑賞)