SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Everything's Jake / 日本未公開 (2000)

Cast >> Ernie Hudson (Jake), Graeme Malcolm (Cameron), Willis Burks (Colonel), Phyllis Diller (Misty), Doug E. Doug (Taxicab Driver), Stephen Furst (Assistant Librarian), Robin Givens (Publisher), Lou Myers (Abe), Lou Rawls (Hot Dog Vendor), Debbie Allen (Librarian) ...
Director >> Matthew Miele
Writer >> Matthew Miele, Christopher Fetchko
Producer >> Christopher Fetchko
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

This is my city, New York City
ジェイク(アーニー・ハドソン)はニューヨークの町でホームレスとして気ままに暮らしていた。ある時、木の上に寝ているという新参者のホームレスのキャメロン(グレイム・マルコム)に出会った。ジェイクはキャメロンにホームレスの生活を手ほどきし、心を開いていくが、キャメロンはある日突然姿を消したのだった...

アーニー・ハドソンと言えばその長いキャリアの中でも印象に残っているのが、「ゴーストバスターズ」である。ゴーストバスターズと言えば、ニューヨークが舞台で、その映画を象徴する最後の台詞「アイ・ラブ・ニューヨーク!」はハドソンの台詞だった。この映画もあの時のハドソンが甦るようなニューヨークならではのハートウォーミング物語である。ハドソンはニューヨークの事を「ここが俺の家なんだ。お前はその客さ」と言う。ハドソンはNY出身じゃないが、台詞にはとっても説得力があった。ハドソンの友人ホームレスのエイブを演じたルー・メイヤーズの好演も光る。ただ物語は在り来たりな部分もある。

ニューヨークにはどこの町にもない独特のキャラクターがある。そのキャラクターがハドソンによって上手く表現された物語である。

(10/22/10:DVDにて鑑賞)